朝食・ティータイム日記

運命のバナナケーキレシピに出会ってバナナと親友になった話

簡単だな、と思うお菓子レシピはいろいろあるけど、本当に本気でめちゃくちゃ簡単手軽か、三歳〇歳との生活でサクッと作れるかと言われれば、だいたいNOとなる。

生まれて初めて憧れの黒パンを焼いてみて感動した話

黒パンに憧れて久しい。 それはアルプスの少女ハイジがチーズを乗せていたパンであり、寒い国の人々が食べている妙に美味しそうな文字通り黒いライ麦のパンである。

八回目の結婚記念日と真夜中に食べるりんごケーキの話

春の初め、スーパーで紅玉を買えたので、愛するりんごケーキを焼いてみた。

好きな香りを閉じ込める!レディグレイで紅茶クッキーを焼いた話

簡単で美味しい、紅茶クッキー。 柑橘系の香りが大好きなトワイニングのレディグレイを使って焼いてみた!

フルーツケーキを二本焼いて贈り物に!私のラッピングコレクション

贈り物にぴったりのフルーツケーキ。 もう何度も作っている定番のお菓子。洋酒漬けのドライフルーツがたっぷり入っていて、バターの香りが贅沢なケーキ。日持ちするのでプレゼントやお土産に渡すのにもぴったり。

ベイクドチーズケーキの最も簡単な作り方に気づいてしまった話

今までいくつかのレシピを試してきたベイクドチーズケーキだけど、もしかして最も簡単シンプル、かつ忘れないであろうレシピはこれではないかと気づいてしまった。

オーブンで美味しい焼き芋を作る方法を探求した日々の記録

この冬、私はひたすら焼き芋を作っている。 オーブンが大好きだ。産後一ヶ月、お菓子作りをする余裕はなくとも、とりあえず何か焼きたい私はキッチンを物色していた。

ふるさと納税の返礼品で、宝石箱みたいな焼き菓子セットが届いたよ

今日はクッキーが可愛いというだけの話をしたい。つまり最高な話。 ふるさと納税の返礼品で、とびきりキュートな焼き菓子セットが我が家にやってきた。

おうちカフェを愛している!素朴なりんごタルトを焼いて至福だった話

ブログを書ける日々も残りわずか!ということで、とびきり楽しかったお菓子作りとティータイムの記録を書いでみたい。 まとめ買いした紅玉を3玉使って、りんごタルトを焼いてみた日。

ロシアのチーズパンケーキ「スィルニキ」を生まれて初めて作ってみた

最近ハマっているYouTubeがある。 せっかちな性格ゆえ滅多に動画を見ない私には珍しいことである。

今やらなくていいのにやってしまう、人生三度目のカッテージチーズ作り

掃除、断捨離、マニキュア。 今それやってる場合じゃないでしょ、というタイミングで突然やりたくなる儀式的行為は誰にでもあるだろう。

愛されるフランスのおうち菓子、檸檬とポピーシードのケーキを焼いた話

秋、国産レモンの季節。 大好きなイザベル・ボワノさんのお菓子レシピブックに載っていた、レモンのケーキを焼いてみた!

昨日の哀しみは今日の喜び。生まれて初めて梨のコンポートを作った話

梨は、私の中でかなり高ランクの果物である。

想い出に溶けてもいい。理想のりんごケーキにとうとう出会えた話

りんごケーキが好き。 オーブンを買ったら、ぜひとも焼いてみたいと思っていた想い出のおやつたち。記憶の中に残っているのは、幼いころ母が作ってくれたリンゴやニンジンの素朴なケーキ、クッキーにマドレーヌ。中でもりんごケーキは格別だった。

国産レモンを絞った後の皮で、楽しい秋のヨーグルトモーニング

国産レモンの季節がやってきた。 檸檬の皮を入れたケーキとかジャムとか、この季節だけのお楽しみなので、それはそれは楽しみにしている!

林檎ジャム作りが好きすぎて至福の時間だった / 紅玉ジャム日記2021

いくつになっても人生は発見の連続だと言ったのは、誰だったか。私である。 33年生きてきて、初めて知る自分の一面。去年から薄々勘づいてはいたが、いよいよ確信に至ったと言っていい。

母の誕生日プレゼントに手作りのフルーツケーキをラッピングした話

母の誕生日、特にほしいものはないというので、お菓子を焼いて送ることにした。 誰からも愛されるフルーツケーキ、誰より私が愛するフルーツケーキ。洋酒漬けのドライフルーツとくるみがたっぷりと入っている。

ロシアの朝食カーシャを作ってみた!生まれて初めての蕎麦の実奮闘記

学生時代、熱に浮かされたようにひたすらロシア語の勉強ばかりしていた私であるが、最初に知ったロシア語のことわざはこれだった。

家にある材料で気楽に焼いたキャロットケーキが好みすぎて感動した話

運命の出会い、とはこんな感じかもしれない。 ドラマチックで必然で映画の世界のような心躍るものではなく、地味で偶然で、限られた日常の中で選ばざるを得なかったもの。

バナナとベリーのクラフティを作って感激した… / バニラビーンズ奮闘記

とんでもなく美味しいものを作ってしまった… と毎回のように書いている私であるが、本当のことなので仕方ない。作ってみたいものリストは常に渋滞を起こしていて、やっと順番が回ってきたバナナとベリーのクラフティ!

生まれて初めてピロシキを焼いてみて興奮した話

生まれて初めて興奮シリーズ、待望のピロシキ日記を書いてみたい。 小さなキッチンでひとり奮闘してるだけの地味な料理日記なのに、「生まれて初めて」とか「待望」とか、いちいち騒がしい私である。 でもね…

ベトナムスイーツのバナナフランベを作ってみたよ / カルディ朝食日記

胃袋で旅する日々が続いている。 パスポートもスーツケースも不要。キッチンと想像力、未知の食べ物への好奇心があればもう、めくるめく異国の旅へ出発できる。そんな胃袋旅行代理店こそ、我らが大好きカルディである。

生まれて初めてシナモンロールを焼いてみて興奮した話

半年ほど前の話になるんだけど、どうしても書いておきたい「生まれて初めて」がある。シナモンロールを焼いてみた。 いや、今かなり控えめに表現しました。ちょっと遠慮しました。はっきり言って、通りに飛び出して叫びながら踊り狂いたい。

ブランデー漬けのフルーツケーキを焼いて、夢の朝食時間を過ごした話

リスは冬支度のため、クルミやドングリを土に埋めるという。有名な話だ。用意周到で賢い気がする。 しかしその幾つかはどこに埋めたか忘れてしまうらしい。実に間抜けで愛らしい。 さて、突然リスに関する浅い知識を披露されて、戸惑っているであろう読者の…

りんごとさつまいもの蜂蜜レモン蒸しを作ったよ / 電鍋クッキング

最近悟った真理についてお伝えしたい。 けっきょく果物が一番のご褒美である。

生まれて初めて琺瑯バットでシフォンケーキを焼いてみた!

ふわふわケーキより、どっしりケーキ派。 スポンジケーキとかシフォンケーキより断然、バターたっぷりなパウンドケーキ、スコーンクッキーを作ってきた。 しかしこのたび、なんとなくふわふわしたくなってきた。 相変わらず論理的なブログである。

愛する電鍋で桃の牛乳プリンとあずき蒸しパンを作ったよ

新しく手に入れた調理道具にハマって、ayakoさんその話ばかりしてくるな…とタイトルを見て思ったかもしれない。 そのとおりである。

最近のおいしい朝食日記。果物ヨーグルトボウルにハムきゅうりサンド

朝食が毎日の楽しみ。 だからといって何か特別なものを食べてるわけじゃなく…(前夜の洗い物からスタートという怠惰な現実よ)

雨の休日、理想と現実。白玉団子を作ったら懐かしい気持ちになった話

”ステイホームな雨の休日、家族みんなで白玉団子を作ってみました” こんなふうにブログは書き始められる予定だった。

カルディのスパイスチャイとリコッタチーズで楽しむ朝食日記

カルディ、この地味な毎日にあなたほど彩りをもたらしてくれるものがあるだろうか? それはショッピングモールの喧騒と冷房のなかで、軽やかに異国の風を吹かせてくれる奇跡の空間。