2024-01-01から1年間の記事一覧

春、レモン色の壁のお家に引っ越した話(&インテリアグッズ紹介)

春の始まり、約3年ぶりの引越しをした。

奇跡を見守る日々なのだ。5歳と2歳と過ごした春休みの話

一ヶ月以上もブログを更新できなかった。 そのあいだ私は引っ越しをし、幼稚園は春休みに突入した。恐るべきイベントが二つも続いたのだ。

人生は万華鏡のようなもの。ツナのトマトクリームパスタを作った話

世の中にはいろんな種類の奇跡がある。

ココアとクルミのパウンドケーキを焼いた、バレンタイン日記2024

バレンタインデー、皆さんいかがでしたでしょう?

憧れキューカンバーサンドイッチで至福の朝食。きゅうりと和解した話

月曜日の朝食はサンドイッチにした。 さりげなく書いているがこれは、2024年のやりたいことリスト100のうち1つが達成された記念すべき瞬間であった。

奇跡はいつもキッチンで。名もなきオーブン&ストウブ料理の話

奇跡はいつもキッチンで起きる。

物事を続けるコツについて(36歳のバースデー日記)

物事を続けるコツ、それは「あえてショボい回を作ること」である。

2023年に読んで心に残っている本10冊。じっくり味わう読書の喜び

去年読んで心に残っている本を10冊ほど紹介してみたい。

浜町cafe ami、みらいのテーブル門前仲町… / 秋冬のEAST TOKYOお散歩日記

秋冬のEAST TOKYOお散歩日記を書いてみたい。

おうちごはんがもっと楽しくなった話 / 『10品を繰り返し作りましょう』

いくつかお気に入りの料理本があるけれど、中でも去年出会ったウー・ウェンさんの一冊は革命的だった……!

夢みたいに大きなプリンを作った話 / 『週末が待ち遠しくなるとっておきのお菓子』

夏に夢みたいな巨大プリンを焼いた。

踏切くんと今年の目標

「折り紙で踏切くん作ってほしい」 5歳児からの、2024年最初の無茶振りだった。

憧れのアドベントカレンダーを飾った結果 / クリスマス日記2023

長いことアドベントカレンダーに憧れていた。

新年の抱負ならぬ、新しい欲望の出現について

今から書く記号の意味がわかる人は、同志である。 PZ01、MT06×2、DB02、WN05。