おしゃれで美しい本20冊!プレゼントにもおすすめの装丁・デザインたち

f:id:sweeteatime:20170725185328j:plain

眺めるだけで毎日が楽しくなる本、手に取るだけでうっとりする一冊。

プレゼントに贈りたい、贈られたい。私が小さな本棚に置いてなんども読んでいる美しい本20冊を紹介します。(随時更新のページです)

 

1.『still life』

STILL LIFE』(一之瀬ちひろ) 

 一之瀬ちひろさんの写真、初めて知った。そしてすごく好きになった。何気ない生活の風景なんだけど、すべてに光が満ちている。

こんな写真、いつか撮れたらいいなぁ!

▶︎amazon『STILL LIFE』(一之瀬ちひろ)

 

2. 『食器と食パンとペン 私の好きな短歌』

 『食器と食パンとペン 私の好きな短歌 』(安福望)

現代歌人の短歌に、淡く優しい安福望さんのイラストが添えられている私の大好きな詩集!

詩は言葉の連なりだけど、ページの空間まで一つの作品だと思う。

前に「おすすめの詩集」という記事でも紹介した本です。

▶︎amazon 『食器と食パンとペン 私の好きな短歌』

 

 3. 『オアハカ・リンド―メキシコのキュートな町』

 『オアハカ・リンド―メキシコのキュートな町 』(アンダーソン優子)

これも永久保存版の、宝物の一冊だなぁ。

メキシコの世界遺産の街オアハカの、かわいい色使いの写真がいっぱい!

かわいいコロニアル建築。ピンクのブーゲンビリア。あまーいチョコレートの匂い。カラフルな民族衣装の女性たち・・・。

一時期は、電車の中でもお風呂の中でも眺めてました。

▶︎amazon 『オアハカ・リンドーメキシコのキュートな町』

 

4.『アムール 翠れんーホンマタカシ写真集』

 『アムール 翠れん―ホンマタカシ写真集

写真好きロシア好きの私には、たまらない一冊。もう古本でしか手に入らなくて、私は長野のブックカフェで偶然に出会うことができた。

本が大好きな人も、喜んでくれるだろうなぁという美しい写真集。

ロシアのレトロ美しい風景がたっぷり収められています。 

▶︎amazon 『アムール 翠れんーホンマタカシ写真集』

 

5.『ゆめみるハワイ』

ゆめみるハワイ』(よしもとばなな)

香り立つような美しいハワイの写真に、大好きなよしもとばななさんのエッセイ。

眠る前にページを捲っていると、それだけで幸せ気分になる。 

▶︎amazon『ゆめみるハワイ』(よしもとばなな)

 

6. 『自信のない部屋へようこそ』

自信のない部屋へようこそ』(雨宮まみ)

 この本は前にも「シンプルや断捨離より私らしい部屋がいい」という記事で紹介したことがある。この一冊で、一気に雨宮まみさんのファンになってしまった。

文章も素晴らしく良いうえに、イラストと写真もほんと綺麗で、お得すぎる一冊です。

▶︎amazon 『自信のない部屋へようこそ』

 

7. 『WORLD BREAKFAST ALLDAY の世界の朝ごはん』

WORLD BREAKFAST ALLDAY の世界の朝ごはん  』 

 写真、イラストいっぱいで10カ国の朝ごはんが紹介されてる楽しい一冊!

前に「朝ごはんで世界を旅する」という記事でも紹介しました。

その国の新聞、食材、朝食風景まで、ちょっと旅行気分に浸れる大好きな本です。

▶︎amazon『WORLD BREAKFAST ALLDAY の世界の朝ごはん 』

 

8.『福田利之作品集』

福田利之作品集 』(福田利之)

イラストレーター福田利之さんの作品集。

私は恥ずかしながらこの本で初めて福田利之さんを知ったんだけど、すっごく好きになりました!

コラージュ作品をどうやって作るかも紹介されていて、たくさんの時間と手間をかけて生み出されるものに、敬意を感じます。

▶︎amazon『福田利之作品集』 

 

9.『夜空の下で』

 『夜空の下で 』(益田ミリ)

あまりにも素敵な本だった。落ち込んでいる人に、贈りたい。

sweeteatime.hatenablog.com

▶︎amazon『夜空の下で』(益田 ミリ)

 

10. 『ヨーロッパのかわいい刺繍』

ヨーロッパのかわいい刺繍: イギリス、フランス、北欧、東欧…伝承のデザインと暮らしにまつわる物語

 ヨーロッパのそれぞれの地域で生み出される刺繍が、色使いも技法も、こんなに違うなんて。文化ってすごい、そして深い・・・!

生活のための刺繍文化を見ると、いつの時代も懸命に生きてきた人がいるんだと感じる。

▶︎amazon 『ヨーロッパのかわいい刺繍:

 

 11.『かわいいイタリア』

かわいいイタリア ~イタリアの雑貨とおしゃれと散歩の話~ 』(添田有美) 

前に古本屋さんで見かけて迷って買わず、あとで「やっぱり欲しい!」ともう一度訪れたら売れていた…そんな一冊に、長野のブックカフェで再会できた。

カラフルでレトロポップなイタリアの写真がいっぱいです。

▶︎amazon『かわいいイタリア ~イタリアの雑貨とおしゃれと散歩の話〜』

 

12. 『HELLO SANDWICH かわいく暮らす、ものづくりのアイデア帖』

HELLO SANDWICH かわいく暮らす、ものづくりのアイデア帖 』(ハロー サンドイッチ)

コラージュや外国切手、紙雑貨が好きな人には最高に楽しい一冊。

会社員時代、昼休みに官庁街の本屋さんで見つけて夢中になってしまった。何度も断捨離をくぐり抜け、表紙は色あせちゃったけど宝物の一冊です。

▶︎amazon『HELLO SANDWICH かわいく暮らす、ものづくりのアイデア

 

13. 『スクラップ帖のつくりかた』

スクラップ帖のつくりかた 』(杉浦さやか)

人気イラストレーター杉浦さやかさんのスクラップノートが紹介されている本。手作りの手帳や可愛いイラストがいっぱい!

ノート作りが大好きな私のバイブルです。

▶︎amazon『スクラップ帖のつくりかた』

 

14. 『旅とデザート、ときどきおやつ』

旅とデザート、ときどきおやつ』(平澤まりこ)

 16カ国のデザートやお菓子をテーマにしたエッセイ集。

外国の香りいっぱいのスイーツたち。イラストがいっぱいで、文字を読まなくても楽しい。

疲れて「甘いもの食べたい!」ってなった夜に、どうでしょう?

▶︎amazon『旅とデザート、ときどきおやつ』

 

15.『小さな家とスイスの朝食』

 『小さな家とスイスの朝食』(堀井和子)

私の大好きな朝食写真がいっぱい見られるエッセイ。じゃがいも入りオムレツを作るシーンは見るだけでお腹がすいてしまう。

▶︎amaazon 『小さな家とスイスの朝食』(堀井和子)

 

16. 『ひっこしました』

ひっこしました 』(杉浦さやか)

吉祥寺から西荻窪に引っ越した著者が、古い古い一軒家を借りて、丁寧にDIYでお部屋づくりをしていく日々が、イラストと写真いっぱいで綴られている。

私も古い家を改装して住んでみたいなあ!

▶︎amazon『ひっこしました』

 

17.『修道女スタイル』

修道女スタイル 』(プロジェ・ド・ランディ)

ロマンチックな写真いっぱいで、カトリック・プロテスタント問わず、日本で見られる美しい教会建築が紹介されている。

乙女心をくすぐる雑貨や映画、本、お散歩マップまで。

軽井沢や長崎の教会・・・一人旅にいきたくなるよ!

▶︎amazon『修道女スタイル 』

 

18. 『Room talk』

Room talk』(岡尾美代子)

スタイリスト岡尾美代子さんのエッセイ集。

ポラロイドカメラ?的な写真と詩的な文章が連なる、淡く優しい世界。

雨の日の古本屋で見つけたこの本で岡尾美代子さんの世界に初めて出会い、めちゃくちゃハマりました。大好きな一冊です。

▶︎amazon『Room talk

 

19. Room talk 2

Room talk 2』(岡尾美代子)

 岡尾美代子さんの撮るノスタルジックな雰囲気の写真がすごくいい。

イギリス、デンマーク、スウェーデン・・・一緒にヨーロッパを旅している気分にすらなる。本一冊そのものが作品。

ただぼんやりと眺めていたい、どこまでも浸りたい、そんな世界が味わえます。

▶︎amazon『Room talk 2

 

20. 『365日雑貨暦』

365日雑貨暦』(ナカムラユキ)

イラストレーターであり、雑貨屋さんの店主でもあるナカムラユキさんの本。

365日、雑貨写真と小さなエッセイ。

外国に行った夏、プールサイドでだらだらと読んだり、寂れた温泉街でぼんやり捲ったり。

ちょうど今の季節、今日の日付は何て書いてあるだろう?って開いてみるのもいい。

▶︎amazon『365日雑貨暦

 

「紙の本」はあなたの生活を彩るもの

f:id:sweeteatime:20160301233458j:plain

効率的に情報を得るなら、電子書籍で十分ですよね。

「紙の本」は、情報以外のときめきをもたらしてくれるもの。

おしゃれな装丁、斬新なデザイン、心が溶けちゃうような写真。そんな「美しい本」こそ、本棚に並べていたい!

 

 美しい本に触れて一日の疲れを癒そう

http://f.st-hatena.com/images/fotolife/s/sweeteatime/20150909/20150909161405.jpg

紙の質感、美しい装丁、発色の良い写真に文字のフォントやデザインまで、すべてをじっくり味わいたい。

「美しい本」たちは、なんていうんだろう・・・

f:id:sweeteatime:20160303000144j:plain

さあ、今夜はお気に入りの本を開こう。

きっと良い夢が見られるし、目覚めたときもいい気持ち。

f:id:sweeteatime:20161011113545j:plain:w220
 
Sweet+++ tea time    
ayako
 
※ 2017年1月に更新しました。また特別な一冊に出会えたら追記していきます。