おしゃれで美しい本たち。プレゼントにもおすすめの私の本棚コレクション

f:id:sweeteatime:20170725185328j:plain

夜眠るまえに、本棚からとっておきの一冊を選んで読むのが大好きな時間です。

眺めるだけで幸福のため息が出ちゃう本、手に取るだけでうっとりする一冊。そんなとっておきの本たちが詰まった私の本棚コレクションを紹介します。どれもめちゃくちゃおすすめです。(2017/9/7更新)

『HELLO SANDWICH かわいく暮らす、ものづくりのアイデア帖』

f:id:sweeteatime:20170908175225j:plain

コラージュや外国切手、紙雑貨が好きな人には最高に楽しい一冊。

会社員時代、昼休みに官庁街の本屋さんでかわいい本を探すのが本当に楽しみでした。それだけが楽しみといってもいい…そんな暗黒OL時代に夢中になった宝物の一冊。

ハローサンドイッチさんの世界観が大好きで、この本を読むと「作りたい欲」がむくむく湧いてくるんです。だからお仕事のやる気を出したい時も、とにかくしょっちゅう開きます。

『Room talk』

f:id:sweeteatime:20170908182029j:plain

今日は一日家ごもりかなぁと思っていた雨の日、うつうつとしてきちゃったので、お散歩がてら古本屋に行ったんですね。そしたら出会ってしまったんです!スタイリスト岡尾美代子さんの素敵すぎるエッセイ集。

ポラロイドカメラのノスタルジックな写真と詩的な文章が連なる、淡く優しい世界。

めちゃくちゃハマりました。大好きな一冊です。

『Room talk 2』

f:id:sweeteatime:20170908182039j:plain

当然2冊目も買っちゃうわけです。

イギリス、デンマーク、スウェーデン・・・一緒にヨーロッパを旅している気分になれる。眠る前、ただぼんやりと眺めていたい、どこまでも浸りたい、そんな日には必ず手に取る『Room talk』シリーズです。

『still life』

f:id:sweeteatime:20170908174804j:plain

旅先の、長野(上田)のブックカフェで出会った一冊なんですが、もう、どんなに重くてもぜったい持って帰る!と心に決めたうつくしい写真集です。

部屋の中の、何気ない生活の風景を写し取った写真たち。モデルルームみたいな商品化されたものじゃなくて、誰かの暮らしの気配があって、やさしい光が満ちている。こんな写真があるんだなぁ。

もう古本でしか手に入らないんですが、布張りの本当に美しい装丁で、贅沢な一冊。とても、とてもおすすめです。

『WORLD BREAKFAST ALLDAY の世界の朝ごはん』

f:id:sweeteatime:20170908175011j:plain

今までにも何度も紹介しているめちゃくちゃお気に入りの朝食本。写真とイラストいっぱいで10カ国の朝ごはんが紹介されています。

「World Breakfast Allday」という外苑前にあるカフェが出している本なんですが、2016年夏、とうとうカフェにも行けました。

▽カフェ訪問記▽

sweeteatime.hatenablog.com

▽本の紹介記事▽

sweeteatime.hatenablog.com

いろんな国の新聞、食材、朝食風景…!ちょっと旅行気分に浸れる大大大好きな朝食本です。

『食器と食パンとペン 私の好きな短歌』

f:id:sweeteatime:20170908175428j:plain

現代歌人の短歌に、淡く優しい安福望さんのイラストが添えられている私の大好きな詩集!

いつだって私好みの本を教えてくれる魔法の本屋「丸の内リーディングスタイル」で出会いました。KITTE大好き。

詩は言葉の連なりだけど、ページの空間まで一つの作品なんだなぁと思う。右側に短歌、左側には短歌に合わせたイラストがある。それが淡く優しいタッチで、めちゃくちゃ可愛いんです…

▽紹介した記事▽

sweeteatime.hatenablog.com

『アムール 翠れんーホンマタカシ写真集』

f:id:sweeteatime:20170908175628j:plain

もう古本でしか手に入らなくて、私は長野のブックカフェで偶然に出会うことができた一冊です。

ホンマタカシさんの写真をちゃんとみたのはこれが初めてで、大好きなロシアの空気感が驚くほどそのままに映し出されていた。まるで古い映画のワンシーンみたいにノスタルジックな風景たち。ウラジオストクで過ごした22歳の夏休みを、思い出してしまった。

sweeteatime.hatenablog.com

ロシアのレトロ懐かしい雰囲気が好きな人には、たまらない一冊です。

『自信のない部屋へようこそ』

f:id:sweeteatime:20170908175843j:plain

この一冊で、一気に雨宮まみさんのファンになってしまった。

シンプルなだけでは寂しくなってしまうし、だからといってごちゃごちゃした部屋も落ち着かない。悩みの尽きないお部屋づくりに奮闘するエッセイ集。面白くてゲラゲラ笑ったかと思えば、しんみり切なくなったり。

▽紹介した記事▽

sweeteatime.hatenablog.com

うつくしい写真とイラストがいっぱいの贅沢な一冊です。

『福田利之作品集』

f:id:sweeteatime:20170908180029j:plain

イラストレーター福田利之さんの作品集。

私はアートブックや作品集が大好きなんですが、中でもこれは超絶おすすめの一冊です。幻想的でユーモラスな福田利之さんの作品がたくさん詰まっていて、ず〜っと見てられます。

今度またちゃんと紹介するページも作りたいなぁ。後半にある、コラージュ作品をどうやって作るか順を追って説明するコーナー最高に好きです。

『ひっこしました』

f:id:sweeteatime:20170908180159j:plain

大好きなイラストレーター杉浦さやかさんの引越し&家づくりエッセイ。

西荻窪の古い古い一軒家を借りて、丁寧にDIYでお部屋づくりをしていく日々が、イラストと写真いっぱいで綴られている。それがもう超ツボなんです。レトロキュートな雰囲気が好きなひとには、たまらないと思う。

こんなお家作りがしたい。

『修道女スタイル』

 

f:id:sweeteatime:20170908180730j:plain

数年前、軽井沢の教会巡りをしていたとき、とある教会に置いてあった本なんです。開いてびっくり、私の好みど真ん中!

あわててAmazonで注文しましたよね。もう古本しか手に入らないんですが、とにかく教会建築や宗教雑貨が好きな人はぜったい夢中になります。本当にロマンチックワールド。教会にまつわる映画、本、お散歩マップも入っている。

私にとっての聖地はやっぱり長崎です。また行きたい…

『365日雑貨暦』

f:id:sweeteatime:20170908180553j:plain

イラストレーターであり、雑貨屋さんの店主でもあるナカムラユキさんの本。

365日を雑貨写真と小さなエッセイで綴っていくエッセイで、「ちょうど今日の日付は何て書いてあるだろう?」とカレンダーみたいに覗くのが楽しい本です。あと新しい季節になったときに、お風呂の中とかでまとめて読むのもおすすめ。

『夜空の下で』

f:id:sweeteatime:20170908181549j:plain

増田ミリさんの本はどれも、ちょっと落ち込んだり心がざわざわしちゃう夜に開きます。

なかでもこの『夜空の下で』はいちばんお気に入り。

益田ミリさんの切なく愛しい日々のエピソード(漫画)と、安藤和真さんの宇宙にまつわるコラムが交互に出てくるんですが、漫画だけ先に読んじゃうんじゃなくて、ぜひ漫画→コラムをセットで順番に読んでみてください。

▽紹介した記事▽

sweeteatime.hatenablog.com

『かわいいイタリア』

f:id:sweeteatime:20170908181157j:plain

最初は近所の古本屋さんで見かけて、買おうかすごく迷った挙句、買わなかったんですね。そしたら後で「やっぱり欲しい!」となり、もう一度訪れたら売れていた…

そういうこと、ありますよね!?

もうだめだ…運命の本じゃないんだきっと…と諦めた一冊だったんですが、長野のブックカフェで再会できました。運命でした(思い込み)

最後の「ある日の食事日記」がいちばんお気に入りのページです。

『ゆめみるハワイ』

f:id:sweeteatime:20170908181159j:plain

香り立つような美しいハワイの写真に、大好きなよしもとばななさんのエッセイが詰まった贅沢一冊。

眠る前にページをめくるのも好きだし、旅行にもよく持っていく本です。夏、海、南の島のゆるやかで開放的な雰囲気が伝わってきて、心がちょっと凝り固まった夜に開きます。またハワイに行きたいなぁ。

『スクラップ帖のつくりかた』

f:id:sweeteatime:20170908181203j:plain

イラストレーター杉浦さやかさんのスクラップノートが紹介されている本。

読者の皆さんご存知のとおり、私ノート作りがめちゃくちゃ好きなんですよね。

▽ノートを披露した記事▽ 

sweeteatime.hatenablog.com

この本はもう、バイブルなんです。どんなに断捨離を繰り返しても、本棚から出て行くことはないっていう一冊です。

『オアハカ・リンド―メキシコのキュートな町』

f:id:sweeteatime:20170908181207j:plain

メキシコの世界遺産であるオアハカという街の、かわいい色使いの写真がいっぱい詰まった本!

何年も前に本屋さんで見つけてから、繰り返し読んでいる。一時期はハマりすぎて電車の中でもお風呂の中でも眺めていました。暖かい国の、カラフルな色使いがたまらなく好きなんです。

あざやかな色があふれていて、こんなところに暮らしたらどんな毎日だろうと思う。おばあさんになっても花柄とかカラフルな服を着るっていいなぁ。

まとめ:うつくしい本棚で、暮らしをもっとカラフルに

f:id:sweeteatime:20170904155119j:plain

効率的に情報を得るなら電子書籍でじゅうぶんな世の中で、「紙の本」は"もの"としての美しさを存分に味わえる贅沢な存在。情報以外のときめきをもたらしてくれるもの。

おしゃれな装丁、斬新なデザイン、心が溶けちゃうような写真。本棚に並べて、一日の終わりにゆっくりと眺めるご褒美時間。

「美しい本」たちは、なんていうんだろう・・・

f:id:sweeteatime:20170907160140j:plain

さあ、今夜はお気に入りの本を開こう。

きっと良い夢が見られるし、目覚めたときもいい気持ちだから。

http://f.st-hatena.com/images/fotolife/s/sweeteatime/20160314/20160314201603.jpg?1457954268

Sweet+++ tea time
ayako

こちらもどうぞ

sweeteatime.hatenablog.com

sweeteatime.hatenablog.com

sweeteatime.hatenablog.com