暮らしのWEBエッセイ

引っ越しに失敗し、居候生活を送る日々

落ち着いたら近況を書くかな〜(今は手元にPCもないし)などと思っていたが、そんなことではブログは永遠に更新されなくなる。 何せ私たちは「落ち着き」さえすれば何だってできる生き物なのである。 落ち着いたら当然ダイエットは再開されるし、落ち着いた…

鍋とポットと引っ越し

久々のブログとなった。 といっても一週間程度であるが、いつもちょっと前のことを書いてることが多いので、ここ最近の出来事を綴ってみたい。

来世こそ素敵なおばあさんを目指したい

お料理好きの祖母に、オーブンを買った。 買った、と言ってもプレゼントではなく単にインターネット環境にない78歳の祖母に変わって楽天で注文しただけである(翌々日には大分に到着した) 我が家とお揃いの、デロンギのコンベクションオーブン。

チョコレートをあげる時代は終わった。バレンタイン日記2021

2月14日、バレンタインデーである。 皆さん、いかがお過ごしでしょう? 私はと言いますとまずバレンタインデーである前に週末、ここで一週間分のエネルギーをチャージせねばならぬ、しかし夫は土日とも仕事。つまり…

すき焼きと桜餅とボディークリーム / バースデー日記2021

先日、誕生日を迎え33歳になった。

雨の週末、残りもので作る自由なグラタンの話

週末は雨だった。 スーパーに一週間分の食材を買い出しに行き、一つ一つ除菌シートで拭いてから冷蔵庫にしまう。この一大タスクをクリアした後は絵本を読んだり絵本を読んだり絵本を読んだりしている。雨の恐ろしさよ。

平日に二歳児とふたりでソラマチに行った話

「息子は小さな恋人みたいな存在」などという言説がある。 街中の公園のあらゆる地面という地面に転がる恋人。冷凍の唐揚げとコロッケしか食べない恋人。トーマスのシールを全身に貼り付けて歩いている恋人。恋人の概念が狂い始める。

本当の価値を知る男 / バルミューダの高級炊飯器奮闘記

この夏、ひとつの大きな決断をした。 炊飯器の買い替えである。

夜中3時まで部屋を片付けたのでビフォーアフターを見てほしい

なんだか心がザワザワしたりイライラしたり気分がイマイチ…というとき、皆さんどうしてますか? 私にはとっておきの処方箋がある。

「私たちの日々」などというものは存在しない妄想である

人によって、見えているものが違う。 その当たり前の事実を普段はすっかり忘れて、私たちは実に都合よく平和に生きている。通じ合えているような気すらして。 でもふとした瞬間に、隣で同じ景色を見ていると思っていた人が、別世界を生きていることに愕然と…

7年ぶりのハンドドリップコーヒー奮闘記

物事に順序はあるようでないが、少なくともとっかかりというのは必要だ。 料理教室で一から学ばなきゃと意気込む前に、作ってみたい食べ物が肝要だ。真夜中のナポリタンとか、ふつうにホッとする親子丼とか。

二歳児との終わらない散歩事件

待つこと。 それは時として人を狂わせる。

理想の暮らしは近くて遠い。水出し飲み物奮闘記

事の発端はベランダだった。 我が家のベランダは狭い。とても狭い。手狭な東京賃貸古マンションなので仕方ないとして、その文字通り猫の額なスペースで私はベランダ園芸を始めようとしていた。

鍋への愛が止まらない

縁遠い世界というのがある。 デパコス。タッチアップ。季節の新色。クリスマスコフレ。華やかで甘やかなコスメにまつわるあれこれに、未だかつて足を踏み入れたことがない。

【ご報告】私事ながら、運命の鍋にとうとう出会うことができました

7月25日を「鍋記念日」と定めたい。 この日、私はとうとう運命の鍋に出会い、無事に購入までこぎつけた。長い長い、それこそ何年にも及ぶ鍋探しの旅が幕を閉じたのだ。

今日も今日とて、愛が伝わらない。

愛を伝える。どのくらい好きかを伝える。 それはとてもシンプルでいて、いつだって難しい問題だ。

あなたが何色の靴下を履きどんな皿で食べようと、地球は今日も回るのだ

こだわりが人を苦しくする。 こだわらないこと、おおらかでいること、それがラクに生きるための秘訣にちがいない。これもいいし、あれもいい。隣の芝生も自分の芝生も、まあまあ青いし、ときには枯れる。

皿への愛を語りたい私にインターネットは優しかった / 楽天ROOM始めた話

「かわいいね」「かわいいね」と言い合うことは決して無駄ではない。むしろ無限の生きるエネルギーをもたらしてくれさえする。 小学生低学年、元気に外を駆け回るタイプの子どもではなかった私は、校舎の陰で友達と折り紙交換をするのが休み時間の楽しみであ…

理想の鍋に出会いたい!私の「鍋活」奮闘記

「絶対またいい出会いあるからッ!」 「そうそう、前むいて行こうッ!」 かつての私も、こんな無責任でありきたりな台詞を口にしていたかもしれない。若さとは残酷で恐ろしいものである。

「食費なのか娯楽費なのか」永遠の課題に挑む夫婦の記録

「我が家の総資産が目減りしている」 夫が言った。 コロナで旅行も外出もしていないのに、貯金が増えていないどころかちょっと減っているという。ちなみに我が家では貯金のことを「総資産」と言っている。呼び名だけ立派である。

絵本の世界を生きる32歳の大男

絵本は癒しだ。 身を乗り出してくる幼子のやわらかな温もりに、微笑ましい物語。もし同じ本を連続して10回読まなくていいのであれば、それは本当に癒しだと思う。

ハーモニーを味わえない男たち

15時はおやつの時間。 一人で生活していた頃は、意識すらしなかった机上の習慣だ。しかし一歳児と二人で過ごす今、それは学校の時間割りのごとく一日のタイムスケジュールに組み込まれている。

初めて一人暮らしをした街、白金高輪を6年ぶりに訪れた話 / フィルム写真日記

小説を読んでいたら、実にいい感じの商店街がでてきた。 果物屋があり、帽子屋があり、古本屋があって、銭湯もある。一人暮らしの主人公が商店街を歩くのは夜が多いから、どこか静かな雰囲気が漂う。でも寂れてるわけじゃなく、とはいえ活気いっぱいの巨大ア…

平日の誕生日、自分ひとりでめちゃくちゃお祝いしてみた記録 / バースデー日記2020

先日、32歳になった。 大人になると、誕生日だからといって特別なことが起こるわけではない。平日ならなおさらだ。ふつうに仕事をし、生活をし、気づけば夜になっている。

元旦の過ごし方がわからず無人の街をさまよった話 / お正月日記2020

成田で年越しをして(混んでるので成田山には寄らなかった)、午前中には東京に戻ってきた2020年1月1日。 お出かけ大好きayakoさん一家は2020年も変わらない。さっそく元旦の街へと繰り出した…

大晦日は成田ビューホテルに泊まって2020年を迎えたよ / 年越し日記

2020年は成田で迎えた。 成田空港近辺でめずらしく温泉の出るホテル「成田ビューホテル」。 大晦日から一泊して年越ししたので、写真日記を書いてみたい。レトロなホテル写真がいっぱいだよ〜!

クリスマスシーズンを満喫した日々の記録 / クリスマス日記2019

読者の皆さんご存知のとおり、このブログは季節を超越している。 何を言いたいか? クリスマスどころかお正月も終わったこの時期に、2019年のクリスマス日記を書き始めようと思う。

結婚7年目となる夫から自分への愛を語ってほしいと言われたので書いてみた

夫と一緒に暮らして、7年目になった。 喧嘩をしたことがない。前にもそう書いた気がするが、その記録はなお続いている。

一年に数日しかない「無」の境地が訪れていた

三週間ほどブログが更新されなかった。 他人事のように書いているが、私は自分のブログの一番の読者であるため感覚としては実際こんな感じだ。 「まだ更新されてないなぁ…」

1歳5ヶ月の男の子と過ごす雨の一日。おすすめ絵本やオモチャのこと

12月2日(月)の話をしたい。 それは単なる月曜日、憂うつな1週間の始まりなどではなかった。 天気予報が雨。それも完全無欠の大雨。