暮らしのWEBエッセイ

三十四歳の夏休みと憧れの「カフェ読書」奮闘記

2022年の夏が終わる。 私は何をしていたか? 読書である。

夏の週末、都会に行った冒険の記録

夏の週末をどう過ごすか。 大人二人なら一日中家にいてもなんてことない。涼しくてきれいな部屋で読書に映画三昧…想像しただけで贅沢で優雅でしかないのだが、〇歳四歳男子とともに家に籠るとジャングルのように散らかっていく部屋で過酷な持久戦となる。

人に渡せる傘を持つこと

「必ず折り畳み傘を持ち歩いてね、余計な傘を買わないでね」

「自由」は長旅に出たが、楽しく留守を守りたい

自由を感じた瞬間、というものでいくつか記憶に残っているものがある。

生後四ヶ月、赤ちゃんの夜泣きを乗り切るために必要なもの

赤ちゃんのお世話が大変で衝撃を受けている。

おしゃれな暮らしへの憧れと冬のベランダ事情

大晦日も、なんら変わりない冬の一日として終わった気がした。

三歳児に翻弄され、新生児に癒やされる

久々に赤子を育てている。 新生児の育児についていえば、感想は前回と同じで「かわいい」以外にない。しいていえば、寝不足になるのが多少「大変」ともいえるが、それすらもちょうどいいスパイスにすぎない。鰻重における山椒のようなものだ。

結婚9年めに突入しようとも、永遠に叶わない存在 / クリスマス日記2021

読者の皆さん、一日遅れでメリークリスマス。 クリスマスといえばプレゼントですが、私がいま一番欲しいものといえば、もちろんお皿でも服でも化粧品でもなく、睡眠時間である。

2021年の目標は達成できたのか、早くも振り返ってみた話

11月の半ばであるが、年初に立てた目標を振り返ってみたい。 読者の皆さん、覚えておいでだろうか? 私が今年最初の日記の最後に、さりげなく目標を掲げていたことを…

秋の川沿いモーニング事件簿

理想の週末とはどんなものだろう。

月を見ないで団子を食べた、風流なる十五夜日記

9月21日、中秋の名月だった。

夫に趣味ができた話 / メダカのベランダビオトープ奮闘記

夫と暮らし始めて七年半、ずっと叶わぬ夢があった。 動物を飼いたい。 しかしペットの飼えない賃貸マンション暮らしであった。

何キロ散歩しようとも、違うものを見ている男女の話

人間は錯覚する生き物だ。 何年も一緒に暮らしていると、あたかも全て分かり合えているかのような感覚に陥る。ふたり並び、同じ花を見れば、同じような気持ちで愛でていると思い込む。

豚の角煮が憧れの「どこでもドア」だった話

海外旅行が縁遠くなって久しい。 第一に新型コロナ流行があり、それ以前に子育て中であり、いや正直に言えば、そもそも旅行という行為は非常に面倒くさいという現実がある。

引っ越しに失敗し、居候生活を送る日々

落ち着いたら近況を書くかな〜(今は手元にPCもないし)などと思っていたが、そんなことではブログは永遠に更新されなくなる。 何せ私たちは「落ち着き」さえすれば何だってできる生き物なのである。 落ち着いたら当然ダイエットは再開されるし、落ち着いた…

鍋とポットと引っ越し

久々のブログとなった。 といっても一週間程度であるが、いつもちょっと前のことを書いてることが多いので、ここ最近の出来事を綴ってみたい。

来世こそ素敵なおばあさんを目指したい

お料理好きの祖母に、オーブンを買った。 買った、と言ってもプレゼントではなく単にインターネット環境にない78歳の祖母に変わって楽天で注文しただけである(翌々日には大分に到着した) 我が家とお揃いの、デロンギのコンベクションオーブン。

チョコレートをあげる時代は終わった。バレンタイン日記2021

2月14日、バレンタインデーである。 皆さん、いかがお過ごしでしょう? 私はと言いますとまずバレンタインデーである前に週末、ここで一週間分のエネルギーをチャージせねばならぬ、しかし夫は土日とも仕事。つまり…

すき焼きと桜餅とボディークリーム / バースデー日記2021

先日、誕生日を迎え33歳になった。

雨の週末、残りもので作る自由なグラタンの話

週末は雨だった。 スーパーに一週間分の食材を買い出しに行き、一つ一つ除菌シートで拭いてから冷蔵庫にしまう。この一大タスクをクリアした後は絵本を読んだり絵本を読んだり絵本を読んだりしている。雨の恐ろしさよ。

平日に二歳児とふたりでソラマチに行った話

「息子は小さな恋人みたいな存在」などという言説がある。 街中の公園のあらゆる地面という地面に転がる恋人。冷凍の唐揚げとコロッケしか食べない恋人。トーマスのシールを全身に貼り付けて歩いている恋人。恋人の概念が狂い始める。

本当の価値を知る男 / バルミューダの高級炊飯器奮闘記

この夏、ひとつの大きな決断をした。 炊飯器の買い替えである。

夜中3時まで部屋を片付けたのでビフォーアフターを見てほしい

なんだか心がザワザワしたりイライラしたり気分がイマイチ…というとき、皆さんどうしてますか? 私にはとっておきの処方箋がある。

「私たちの日々」などというものは存在しない妄想である

人によって、見えているものが違う。 その当たり前の事実を普段はすっかり忘れて、私たちは実に都合よく平和に生きている。通じ合えているような気すらして。 でもふとした瞬間に、隣で同じ景色を見ていると思っていた人が、別世界を生きていることに愕然と…

7年ぶりのハンドドリップコーヒー奮闘記

物事に順序はあるようでないが、少なくともとっかかりというのは必要だ。 料理教室で一から学ばなきゃと意気込む前に、作ってみたい食べ物が肝要だ。真夜中のナポリタンとか、ふつうにホッとする親子丼とか。

二歳児との終わらない散歩事件

待つこと。 それは時として人を狂わせる。

理想の暮らしは近くて遠い。水出し飲み物奮闘記

事の発端はベランダだった。 我が家のベランダは狭い。とても狭い。手狭な東京賃貸古マンションなので仕方ないとして、その文字通り猫の額なスペースで私はベランダ園芸を始めようとしていた。

鍋への愛が止まらない

縁遠い世界というのがある。 デパコス。タッチアップ。季節の新色。クリスマスコフレ。華やかで甘やかなコスメにまつわるあれこれに、未だかつて足を踏み入れたことがない。

【ご報告】私事ながら、運命の鍋にとうとう出会うことができました

7月25日を「鍋記念日」と定めたい。 この日、私はとうとう運命の鍋に出会い、無事に購入までこぎつけた。長い長い、それこそ何年にも及ぶ鍋探しの旅が幕を閉じたのだ。

今日も今日とて、愛が伝わらない。

愛を伝える。どのくらい好きかを伝える。 それはとてもシンプルでいて、いつだって難しい問題だ。