読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Sweet+++ tea time

Enjoy your life and journey!

Life&Journey

Welcome to my diary!

江ノ電に乗って湘南へ。腰越港の名店「しらすや」で生しらす丼を食べたよ

日帰り旅日記《楽しい休日の過ごし方》

f:id:sweeteatime:20160721140037j:plain

海のオシャレな写真からこんにちは。

おしゃれな夏といえば海があり、海といえば湘南である。

だがもちろん、事の発端は海でもオシャレでもなかった。

f:id:sweeteatime:20160721153111j:plain

食いしん坊の夫が騒ぎ出したのである。

f:id:sweeteatime:20160721154059j:plain

生しらすを求め、毎年鎌倉や江ノ島へ繰り出している我々に、また夏は巡り来た。

「今年はもっと新鮮な生シラスを食べたい」

こうして【生しらす大作戦2016】は動き始めた。

もっとも新鮮なシラスはどこにあるか?

最高に新鮮なシラス・・・それはもちろん海の中にあり、漁師さんの船の中にある。

だが漁船に乗れないとしたら、我々が最も新鮮な生シラスにありつけるのは…

f:id:sweeteatime:20160721152051j:plain

港である。

(猫の絵に特に意味はない)

f:id:sweeteatime:20160721155843j:plain

f:id:sweeteatime:20160721155852j:plain

こうして、5月某日、我々は湘南は腰越漁港へと降り立ったのであった。

日帰り湘南シラス旅日記である。

 江ノ電ってワクワクするよ

レトロな江ノ電。小さな江ノ電。乙女心をくすぐる江ノ電。

f:id:sweeteatime:20160721160018j:plain

丸い窓から、5月の新緑が煌めいている。

東京から神奈川なんて近いのに、旅してる感を思いっきり満たしてくれる、江ノ電。

f:id:sweeteatime:20160722145040j:plain

チョコレート色のベンチ。板チョコベンチ。いいねぇ、いいねぇ!江ノ電の駅は楽しいものであふれている。

初めて下車する「腰越」駅

f:id:sweeteatime:20160722170247j:plain

藤沢駅から乗って、江ノ島と鎌倉高校前の間が「腰越」。

今まで降りたことがあるのは、江ノ島、七里ヶ浜、極楽寺、長谷、鎌倉。

だから腰越で下車するのは初めてだし、何度も乗ったことがある電車でも「初めて」がちゃんと残されてるって嬉しくなる。

f:id:sweeteatime:20160722170601j:plain

腰越駅の小さな駅舎に、素朴な鯉のぼり。

だが余韻に浸る間もなく、開店直後の店へ駆け込むべく私たちは走り出した。腰越漁港の名店「しらすや」の最高に新鮮な生しらすを目指して…

「しらすや」には着いたけど

f:id:sweeteatime:20160722170002j:plain

「なぜ店の端っこだけを写しているのか?」

それはこの下に、ものすごい人だかりがあったからである。

f:id:sweeteatime:20160722180302j:plain

皆さん、真夏日の炎天下、こんな表情で静かに立っている。

そう、最も新鮮な生しらすを求める人たちは、開店前から並んでいたのだ。

 ・・・・・・・・・・

 ・・・・・・・・・・

 ・・・・・・・・・・

(1時間以上が経過)

f:id:sweeteatime:20160722182703j:plain

泣きながら食べたことは言うまでもない。

今まで鎌倉、江ノ島、築地といろんなところで生しらす丼を食べてきたけど、一番新鮮な感じがした。生しらすもたっぷり載っていたし!

f:id:sweeteatime:20160627151428j:plain 「最高だねぇ(白目)」

f:id:sweeteatime:20160623131755j:plain「生シラスも白米もギッシリだねぇ!」

f:id:sweeteatime:20160627151428j:plain 「無理しないで、食べてあげるからね(親切を装う)」

f:id:sweeteatime:20160623131755j:plain「・・・・・」

大盛りを食べているのにもかかわらず、私の分を侵食しようとする夫。

f:id:sweeteatime:20160722183003j:plain

f:id:sweeteatime:20160722183247j:plain

貝殻の形をした照明。海沿いの美味しいお食事処「しらすや」であった。

 腰越の町に繰り出そう!

皆さんご存知のとおり、この「おしゃれブログ」が生しらす写真で終わるわけがない。満腹になった夫にはオマケでしかなかっただろうが、私にとっては本番の町歩きである!

f:id:sweeteatime:20160720122512j:plain

腰越漁港の風景から。

f:id:sweeteatime:20160722184742j:plain

いいねえ。私は「港」や「海沿い」って一番好き。その佇まいは代官山のカフェより自由が丘のパンケーキよりずっと「そそる」のです。

f:id:sweeteatime:20160722185514j:plain

f:id:sweeteatime:20160722184327j:plain

港の風景。船と海と、その向こうに江ノ島。

f:id:sweeteatime:20160723081940j:plain

釜揚げしらすを干している(乾かしている?)不思議な光景にも出くわした。

f:id:sweeteatime:20160722190437j:plain

コンクリートは太陽の光を吸い込んで見るからに暑そう。でも、こういう感じも夏好きの私にはたまらない。

f:id:sweeteatime:20160723090817j:plain

2年前、ハワイに行ったときの写真。夏のコンクリート。なぜか足元の写真をよく撮ってるし、2年前も同じような写真を撮っている自分に呆れる…

5月なのに海水浴!

港を抜けると、海が広がる。

f:id:sweeteatime:20160722185624j:plain

え!5月の下旬だけど、もう海水浴に来ている人たちが。

海で泳いだり(訳:浮いたり)、砂浜でのんびりするのが大好きな私は、とたんに興奮。「海開き」ってまだなんじゃないの?

特段の規制が設けられている場合を除き、海開きを迎える以前でも遊泳は可能である。(wikipediaより)

なんと今の今まで知らなかった!

どうして水着を持ってこなかったんだろう。次は絶対泳ぎに来よう。

f:id:sweeteatime:20160623131755j:plain「腰越、ぜったいまた来ようね(泳ぎに)」

f:id:sweeteatime:20160627151428j:plain 「そうだね(シラス食べに)」

 すれ違った会話をする二人。

海の近くの風景が好き

f:id:sweeteatime:20160722191306j:plain

f:id:sweeteatime:20160722191317j:plain

海に入れなくても、町中がもう海沿いの風景。夏が似合う街。この空気感、大好きだなぁとしみじみする。

小径とその先に広がる青い海や空って、一番ロマンチックな景色だよね。

f:id:sweeteatime:20160722191327j:plain

f:id:sweeteatime:20160722192343j:plain

f:id:sweeteatime:20160722192556j:plain

腰越は、江ノ島や鎌倉みたいに観光客が大勢いないから、静かな海沿いの街って感じだ。そこがまたいい。

私は自分の住んでいるところが大好きで、東京下町日記もよく書いてるけど、また少し遠出すると「いつもと違う景色を見られるって最高に楽しいなぁ」と思う。

家族や恋人、好きな人と美味しいご飯を食べて、ちょっと違う景色の中を歩く。私たちを幸福にするシンプルな条件はきっとそんなところ。遠くても近くても、だから旅行は楽しくて優しい。

江ノ電が運ぶもの

f:id:sweeteatime:20160722193037j:plain

f:id:sweeteatime:20160722193026j:plain

晴れた5月の休日。たくさんの人々の期待や楽しみ、ワクワク感を載せて、民家と民家の狭い隙間を抜けて江ノ電は行く。

f:id:sweeteatime:20160722193047j:plain

線路沿いに見つけた、眩しいグリーンとピンク色。

f:id:sweeteatime:20160722193100j:plain

 私の写真で、旅の楽しさと優しさが伝わったら嬉しいなあ。

f:id:sweeteatime:20160723093501j:plain

暑さでへとへとになった帰り、藤沢駅にある「江ノ電の珈琲屋さん」で買ったソフトクリーム。旅の終わりのソフトクリーム。この甘さが、どこまでも心地よく、口の中で溶けてゆく。

また来よう。

楽しい場所を見つけるといつもそう思うけど、本当にまた来るところは数えるほどだと知っている。知っているのにいつもそう思う。

日帰り湘南シラス旅、終わり。

f:id:sweeteatime:20160723100058j:plain

そう、実はこの一ヶ月半後、またも腰越を訪れることになることを、この時はまだ知らない。

「線路と旅は続くよどこまでも」

http://f.st-hatena.com/images/fotolife/s/sweeteatime/20160314/20160314201603.jpg?1457954268

Sweet+++ tea time
ayako

おまけの話

帰りの電車にて。

f:id:sweeteatime:20160627151428j:plain 「しらす漁船に同乗できるツアーとかないかなぁ」 

f:id:sweeteatime:20160623131755j:plain「・・・・・」

さらに新鮮な生シラスを求め、欲を出し始めた夫であった。 

こんなのも書いてるよ 

sweeteatime.hatenablog.com

sweeteatime.hatenablog.com

sweeteatime.hatenablog.com