暮らしを楽しむ読書日記

私が幸せを感じるとき。夕暮れのコインランドリーと紙の本『すてきなあなたに』

コインランドリーで、洗濯物が仕上がるまでに待つ時間。幸せの瞬間が、神様みたいに、ふっと降りてきた。そんなこと。

「悲しみは、いつか終わるもの」寺山修司少女詩集が教えてくれたこと

生きていれば「いいことばかり」ってわけにはいかないです。 超ポジティブマインドで考えても、やっぱりしょんぼりしちゃうときはある。