Sweet+++ tea time

Enjoy your life and journey!

Life&Journey

Welcome to my diary!

海沿いの老舗旅館、犬吠埼温泉ぎょうけい館に泊まって朝日を見たよ

f:id:sweeteatime:20170519215639j:plain

松山庭園美術館で猫とたわむれ、銚子電鉄に乗って興奮し、私たちは犬吠駅にあるステキな宿へとやってきた。

犬吠埼温泉ぎょうけい館の宿泊日記である!

 

目の前に海が広がる老舗宿に感激したよ

f:id:sweeteatime:20170519211752j:plain

ぎょうけい館はこのとおり、銚子の海沿いに立っている。

創業は明治七年、伊藤博文、野口英世、岡倉天心、島崎藤村、国木田独歩…昔から著名人・文人が泊まった歴史があるらしい。

実はこの情報は今しがたホームページで知ったんだけど、心なしか私の記憶の中のぎょうけい館が美化されてきた。すごい宿に泊まった気がしてきました。

f:id:sweeteatime:20170519215639j:plain

f:id:sweeteatime:20170519215126j:plain

ざわざわと、波の音が聞こえる白い温泉宿。

左手には犬吠埼の白い灯台がまっすぐにそびえていて、海沿いを歩くとそのまま灯台にたどり着くのです。

円形に広がる美しいロビー

f:id:sweeteatime:20170519215130j:plain

f:id:sweeteatime:20170519215136j:plain

4月の銚子はけっこう冷えて、暖かい温泉宿に泊まれるのがとっても嬉しい。円形のロビーは一面窓に囲まれて、どこからも海が見えた。

憧れの和室へ

f:id:sweeteatime:20170519215144j:plain

f:id:sweeteatime:20170519215152j:plain

美しいロビーに、落ち着く和室…!(そしてお饅頭!)

f:id:sweeteatime:20170519215204j:plain

ぎょうけい館は、大正元年、犬吠埼へ写生に訪れた高村光太郎が滞在していた宿でもある。高村光太郎と智恵子はここで再会し、運命的な恋に落ちた。そんなロマンチックな場所である。

であるが・・・

私たちの、楽しみは、ごはん!

 

旅館でいただく晩ごはんは最高です

f:id:sweeteatime:20170519222910j:plain

久しぶりのお部屋食でした。

f:id:sweeteatime:20170519215221j:plain

f:id:sweeteatime:20170519215227j:plain

お造りと前菜。

f:id:sweeteatime:20170519215241j:plain

銚子灯台キャベツの海鮮酒蒸し

出ました「灯台キャベツ」!(銚子はキャベツが有名だよ)

f:id:sweeteatime:20170519215249j:plain

豚肉のあられ揚げ。この中にある、カマンベールチーズ揚げがチーズ好きの私たちにはたまらなかった。

f:id:sweeteatime:20170519215259j:plain

鰆とろろ道明寺蒸し。

お皿がかわいい。

f:id:sweeteatime:20170519215304j:plain

めかじきの煮付け。

f:id:sweeteatime:20170519215313j:plain

抹茶ロールケーキとフルーツのデザート!

=DEBU

ちなみに、夫はこれに加えてごはんを三杯食べていました。

 

銚子の海で、朝日を見よう!

AM 4:45

翌朝、ロングスリーパーかつ夜型のayakoさんが、すでにホテルのロビーにいた。

f:id:sweeteatime:20170519215325j:plain

誰もいない、薄暗いロビー。眠気まなこでGR(カメラ)片手に待機していた。隣には夫も半目で座っている。

AM 4:58

f:id:sweeteatime:20170519215334j:plain

海は暗い。

ぎょうけい館は、翌日の日の出、日の入りの時刻を書いた紙を宿泊客に配ってくれる。そこには「4月23日の日の出 4:55」と書かれていた。3分過ぎているのに、この暗さ。

「明日の朝は曇りなのでもしかしたら厳しいかもしれません…」という中居さんの一言が思い返される。

AM 5:04

f:id:sweeteatime:20170519225236j:plain

灯台の方向は、ちょっといい感じ!?

AM 5:07

f:id:sweeteatime:20170519225248j:plain

うむ、地味である。

AM 5:12

f:id:sweeteatime:20170519225316j:plain

あ、あ、もしかして…!?

AM 5:19

f:id:sweeteatime:20170519232925j:plain

綺麗だけど、綺麗だけども…!

「もう朝だよ、ayakoさん、帰ろう」

いつの間にか朝になっていた。

冷え込む早朝の30分間、カメラ片手に10回以上出たり入ったりしていた私は、いつのどれが日の出か分からぬまま、朝を迎えた。

しかしツイッターでは充実感を出すことを忘れない。

謎の写真撮影で冷えた体を、温泉で温めました。

やっぱり早起きは三文の徳だね。(もちろん二度寝しました)

 

まとめ

f:id:sweeteatime:20170519231015j:plain

ぎょうけい館はとっても素敵なお宿でした。

朝ごはんも、かわいい籠に入っていて感激。

銚子はまた行きたいと思ってるので、次もぎょうけい館に泊まれたらいいな。(今度こそ、半熟卵みたいな日の出が見れますように!)

f:id:sweeteatime:20170519232158j:plain

なんでだろうなぁ。

子どもの頃も、友達とお泊まり会するの、めちゃくちゃワクワクしてたなぁ。

次はいよいよ、犬吠埼灯台に向かいます!

▽銚子旅行記第4話へつづく▽

sweeteatime.hatenablog.com

f:id:sweeteatime:20161011113545j:plain:w220

Sweet+++ tea time
ayako

次回予告

明日は「浅草の好きな景色と舟和のあんみつ」の予定です!

こちらもどうぞ

▽銚子旅行記1▽

sweeteatime.hatenablog.com

▽銚子旅行記2▽

sweeteatime.hatenablog.com