Sweet+++ tea time

Enjoy your life and journey!

Life&Journey

Welcome to my diary!

犬吠埼灯台から眺めた銚子の海と、かわいすぎる白い郵便ポスト!

f:id:sweeteatime:20170522192135j:plain

銚子旅行2日目の朝、私たちは犬吠埼灯台に向けて出発した。

灯台の入り口に、かわいすぎる白の郵便ポストがあると、ツイッターで教えてもらったのです!(何も予習しないでやってくる我々である)

 

初夏の銚子の海は、キラキラ光っていたよ

泊まった犬吠埼の旅館の前には、銚子の海が広がっていた。白い手すりの階段を下りていくと・・・

f:id:sweeteatime:20170522193727j:plain

f:id:sweeteatime:20170522194057j:plain

f:id:sweeteatime:20170522194112j:plain

なんだか外国に来たみたいな美しいブルーの世界が広がる。

遠く張り出した陸地の上にそびえる白い塔が、犬吠埼灯台。千葉県はお隣の県だし、何より10年以上住んでいた県でもあるのに、こんな景色があるなんて、知らなかったなぁ。

f:id:sweeteatime:20170522194226j:plain

f:id:sweeteatime:20170522194123j:plain

まぶしくコンクリートに反射する初夏の光と、ゴツゴツとした岩が張り出すちょっと荒っぽい海。う〜ん、私のイメージしていた銚子の海そのものだった。

 

もちろんポーズをとりました!

f:id:sweeteatime:20170522195515j:plain

f:id:sweeteatime:20170522195522j:plain

海に張り出した岩場があると、必ずポーズをとりたくなる説。(そして後で見返すと阿呆に見える説)

 

海沿いを歩くと犬吠埼灯台に辿りつくよ

f:id:sweeteatime:20170522204325j:plain

ぐるっと迂回するように、海沿いの道をず〜っと歩いていくと犬吠埼灯台へたどり着く。Google Map にはでてこない経路だったけど、見た目的に行けそうなので楽観的な我々はこの道を歩き出した。

写真だとすぐ目と鼻の先に見えるが、ぎょうけい館からは20分以上かかったと思う。(私たちは途中、盛大に道に迷ったのでもっと時間がかかったけど…)

トンネルをくぐっていくよ!

こ、この光景、めちゃくちゃワクワクしませんか!?冒険って感じがしませんか!?(大興奮)

f:id:sweeteatime:20170522200647j:plain

f:id:sweeteatime:20170522200703j:plain

トンネルの道は意外と長く感じたなぁ。光に近づくとほっとする。

f:id:sweeteatime:20170522200720j:plain

トンネルを抜けたあと。真っ青な空と海とあふれる光!

いよいよ、犬吠埼灯台へ!

f:id:sweeteatime:20170522200732j:plain

途中、絶対行き止まりな岩場で引き返したり、単純そうな海沿いの道で激しく道に迷ったことは省略し、美しい写真だけを載せておこう…

f:id:sweeteatime:20170522200742j:plain

いよいよです!真っ白にそびえ立つ、犬吠埼灯台。

駐車場の車もたくさん写っているのが、最高にフォトジェニックだね(現実)

 

白い郵便ポストがキュートすぎた!

皆さん、ご覧ください!このかわいすぎる一枚を!

f:id:sweeteatime:20170522202932j:plain

犬吠埼灯台にある、真っ白のポスト。

まるで灯台のミニチュア版みたいで、とってもキュート。

f:id:sweeteatime:20170522200951j:plain

私の服も白だったし、身長も同じくらいだったな…

 

犬吠埼灯台の中を登ってみよう

f:id:sweeteatime:20170522205439j:plain

f:id:sweeteatime:20170522203027j:plain

そう、犬吠埼灯台は中を見学できるのです!

雨や強風だと見学ができないこともあるみたい。けっこう風は強かったんだけど、入場できてよかった。

木も壁がかわいい螺旋階段を登ろう

f:id:sweeteatime:20170522203006j:plain

登っているときの一枚。

ちなみに階段はけっこう狭く、譲り合いの精神が必要。

慈愛に満ちた心の優しいayakoさんは、ご年配の方が降りてこられたため、すぐさま壁に張り付いて空間を譲りました。まさかそのご年配の方を先頭とする一行がずっと続くとは知らず・・・

かなり長い時間、虫のように灯台の壁に張り付いていた。

灯台の上から眺めたキラキラの景色!

苦労して登った甲斐がありました。

f:id:sweeteatime:20170522203011j:plain

f:id:sweeteatime:20170522203018j:plain

突き出した欄干から眺めるブルーの世界。

しかし、常に上を目指すayakoさんは、これでは満足しなかったのである。

「ぐるりと灯台の周りを一周するこの景色、なんとか写真におさめたい!そして読者の皆さんに見せてあげたい!」

今こそ、一度も試したことのないiPhoneのパノラマ機能を使うべき時が来たのでは!?

というわけで、私がiPhoneを持ってぐるりと回って撮影した、芸術的な一枚をご覧ください。

 

f:id:sweeteatime:20170522211556j:plain

 

不安定な地平線と、右端に写り込んだ夫がポイントです。

 

霧笛舎の展示が面白かった

f:id:sweeteatime:20170522203205j:plain

このキュートすぎる真っ白い建物は「霧笛舎」。

灯台にまつわるものが展示されている、小さな博物館である。

f:id:sweeteatime:20170522203222j:plain

メカの世界がたまらない!

こういう機械、子どもの頃の工場見学を思い出すなぁ。かっこよくて、ドキドキします。

灯台で使われているレンズがかっこいい

f:id:sweeteatime:20170522203237j:plain

灯台で使われるレンズは、焦点距離の長さによって格付けがあり、第一等レンズ〜第6等レンズというように分けられている。

犬吠埼灯台は第一等レンズを持つ第一等灯台である。

とまあ、wikipediaで調べた浅い知識で書いてみたが、焦点が云々とか私も理解していない。とにかく、犬吠埼灯台は一番大きなレンズを持つすごい灯台だってこと!(そうなのか?)

f:id:sweeteatime:20170522203245j:plain

レンズの中身を撮ってみた。かっこいい。

f:id:sweeteatime:20170522203255j:plain

もう一つの展示スペースで撮った一枚。なんとも不思議な形のレンズが、ぐるぐると回っていた。

私は船や港が大好きなので、灯台や霧笛も、ロマンを感じてしまうなぁ。いつか船旅もしてみたい。

 

まとめ

f:id:sweeteatime:20170522203302j:plain

f:id:sweeteatime:20170522203308j:plain

犬吠埼灯台は白とブルーの世界がかわいくて、景色が綺麗で、レンズが最高にクールだった!

また行きたいなぁ。

f:id:sweeteatime:20170522213718j:plain

身長10cmの緑くんのつぶやきで終える、銚子旅行記第4話でした。

次回はバスに乗って市場に海鮮丼を食べに行くよ!

▽銚子旅行記第5話へつづく▽

sweeteatime.hatenablog.com

f:id:sweeteatime:20161011113545j:plain:w220

Sweet+++ tea time
ayako

次回予告

明日は清澄白河のメキシカンなランチ日記の予定です!

こちらもどうぞ

▽銚子旅行記1▽

sweeteatime.hatenablog.com

▽銚子旅行記2▽

sweeteatime.hatenablog.com

▽銚子旅行記3▽

sweeteatime.hatenablog.com