本当の幸せに気づいたタイ旅行最後の夜

f:id:sweeteatime:20180611231455j:plain

「本当の幸せは失ってはじめて気づくものだ」というのはよく聞く話である。

残酷だがこれは真実だ。

バスに2時間揺られ、地獄の船旅からまたカオラックに戻ってきた我々は悟った。

幸せ。それは陸地にいられるということ。

幸福のハードルが文字通り0に至った我々が、「あたりまえ」の素晴らしさを噛み締めた、タイ旅行4日目の夜から帰国までの日記である(とうとう最終話です)

陸地で猫を撫でている瞬間、幸福はMAXに達した

f:id:sweeteatime:20180612002558j:plain

レストランで夕飯でも食べようと、やってきたバンニャン。それは猫さんの聖地でもある。

夜だしカメラの設定は下手だしでブレまくっているが、可愛いのですべてOKということになる。

f:id:sweeteatime:20180612002600j:plain

f:id:sweeteatime:20180611231455j:plain

f:id:sweeteatime:20180612002605j:plain

f:id:sweeteatime:20180612002609j:plain

f:id:sweeteatime:20180612002608j:plain

もう、揺れない。尻が船底に叩きつけられることがない。地に足をつき、猫さんを撫でている。私たちはむせび泣く勢いで歓喜した。

これは幸せの極致である。

オプショナルツアーなど予約する必要がなかったことはもちろん、もはやタイのカオラックくんだりまでやってくる必要すらなかった。幸せは陸地にあるのだから。

「Wonderland」というレストランで、猫の漫画を予約する

f:id:sweeteatime:20180612003411j:plain

f:id:sweeteatime:20180612003421j:plain

とっぷりと暮れたバンニャンの街で、きらびやかな電飾に縁取られたレストランがあった。その名も「Wonderland」。

早朝の出発のため朝ごはんも抜き、昼も船酔いの恐怖からほとんど口にしていない。空腹の私たちは吸い込まれるように店の中へ。

f:id:sweeteatime:20180612003420j:plain

f:id:sweeteatime:20180612003417j:plain

f:id:sweeteatime:20180612003424j:plain

f:id:sweeteatime:20180612003430j:plain

美しい電飾の下、絶品のタイ料理を食べながらiPhone画面をぼんやりと眺める喜び。ああ、インターネット最高。陸地最高。まさにワンダーランド。Amazonで大好きな猫漫画の予約が始まっていたので、ふたり嬉々としてポチった。

ここがタイである必要があるのか?

考えてはいけない。

そして迎えた最終日

f:id:sweeteatime:20180612005817j:plain

夜のフライトなので、朝食ビュッフェを堪能した後、すぐさまホテルのプールへ。一秒たりとも無駄にしまいとする、優雅とは程遠い旅行客なのである。

f:id:sweeteatime:20180612005823j:plain

f:id:sweeteatime:20180612005838j:plain

f:id:sweeteatime:20180612005820j:plain

ホテルのことは別に紹介記事を書く予定だけど、めちゃくちゃ素敵なプールが敷地全体に流れていた。

もしかして、このホテルで優雅に過ごすのが正しい雨季のカオラック旅行だったのではないか?

考えてはいけない。

バンニャンの「Thai Life」でランチを食べたよ

f:id:sweeteatime:20180612011317j:plain

f:id:sweeteatime:20180612011320j:plain

クリーム色の可愛いレストランで最後のお昼ごはん。

f:id:sweeteatime:20180612011711j:plain

f:id:sweeteatime:20180612011717j:plain

大好きなマサマンカレーとチャーハン的なものをいただく。

まさかカルディのタイ直輸入マサマンカレー(レトルト)の方が美味しかったなんて、そんなことあるわけないよね。

f:id:sweeteatime:20180612012517j:plain

楽しかった夏の旅行もとうとうおしまい。

旅の終わりは、ちょっと切ない

f:id:sweeteatime:20180612010649j:plain

荷物をスーツケースにまとめて、しんみりする。

タクシーに揺られ、夜の空港へ。

f:id:sweeteatime:20180612013629j:plain

f:id:sweeteatime:20180612013632j:plain

f:id:sweeteatime:20180612013634j:plain

空港で最後に食べる晩ごはん。タイ料理で決めたいと意気込んでいた夫だったが、お店の接客に失望したりして、ふたりで切なくハンバーガーをいただく。ちなみにすごく美味しくなかった。

f:id:sweeteatime:20180612013637j:plain

深夜のトランジット。スターバックスの窓から飛行機が見える。

f:id:sweeteatime:20180612013639j:plain

f:id:sweeteatime:20180612013644j:plain

窓から見えた朝焼けがびっくりするくらい綺麗だった。

さよならタイ。さよならカオラック。

思えば一年近く前の旅行だけど、私は今日も、陸地で暮らせる毎日に感激して過ごしている。

f:id:sweeteatime:20180612014722j:plain

間違いない。

f:id:sweeteatime:20161011113545j:plain:w220

Sweet+++ tea time
ayako

こちらもどうぞ

▽カオラック旅行記第1話▽

sweeteatime.hatenablog.com

▽カオラック旅行記第2話▽

sweeteatime.hatenablog.com

▽カオラック旅行記第3話▽

sweeteatime.hatenablog.com

▽カオラック旅行記第4話▽

sweeteatime.hatenablog.com

▽カオラック旅行記第5話▽

sweeteatime.hatenablog.com

▽カオラック旅行記第6話▽

sweeteatime.hatenablog.com

▽カオラック旅行記第7話▽

sweeteatime.hatenablog.com

番外編

▽エアアジアの話▽

sweeteatime.hatenablog.com

▽タイでの夕食の話▽

sweeteatime.hatenablog.com