Sweet+++ tea time

Enjoy your life and journey!

「綺麗に咲いてたので、どうぞ」

f:id:sweeteatime:20170629235120j:plain

レモン色の壁をした、可愛いフレンチレストラン。

イエロー×ブルーの色合いが、とても綺麗なこの店で、ちょっと前、母とお昼ごはんをいただいた。

f:id:sweeteatime:20170629235358j:plain

f:id:sweeteatime:20170629235401j:plain

f:id:sweeteatime:20170630000212j:plain

美味しくて素敵なお店なのに、14時前のちょっと遅い時間に入ったら、お客さんは私たちしかいなかった。忙しい時間も終わり、空気はまったりとしている。お店はこれからディナータイムまで、休憩と準備の時間に入るんだろう。

カチャカチャと鳴るカトラリーの音も、私たちの分だけ。

こんな時間に入ってしまって、ちょっと悪かったかなぁ。

*・*・*

 

f:id:sweeteatime:20170630000243j:plain

レストランの前には鉢植えは、ピンク色の薔薇が綺麗に咲いていて、お店の人がのんびりとジョウロで水やりをしているみたいだった。

しばらくすると、水やりから戻ってきたウェイターさんが、ピンク色の薔薇を花瓶に挿して持ってきてくれた。

f:id:sweeteatime:20170630000256j:plain

「綺麗に咲いてたので、どうぞ」

*・*・*

 

f:id:sweeteatime:20170630000813j:plain

f:id:sweeteatime:20170630000233j:plain

レモン色とブルーのお店に、ピンク色が加わった。

テーブルは光を灯したみたいに明るく、アイスコーヒーと紅茶はとても美味しい。

素敵なレストランの静かな時間、お店の人は親切で、母も私も元気で、一緒にお昼ごはんを食べられる。

たくさんの偶然が重なって現れる虹のように、幸せはいつも儚いものなのだ。

*・*・*

 

昨夜、夫に、「今日のayakoさん、ちょっと元気ないんじゃない?」と言われた。

「なんでそう思うの?」

彼は少し眉を寄せて、

「いつもより口数が少ないから」

こういうとき、夫の予想はたいてい見事に外れている。

私は昨夜も、すこぶるご機嫌であった。ひとは幸せなときほど、口数は少なく、書く文字も少なくなるんじゃないかなぁ。

言葉がいらなくなってしまうから。

*・*・*

 

今日は、些細なことすぎて、ブログに書くのはどうしようかなぁと思っていた話を、書いてみた。

f:id:sweeteatime:20170622005551j:plain

一緒にごはんを食べれる母も、的外れな心配をしてくれる夫も、名前もしらないお店のひとの親切も、しっとりと濡れた薔薇の輝きも。

とりとめのないことが、光の粒子となって、まぶしく輝くのだ。

おばあさんになった私が、この日記を読み返して、ニコニコ顏になれるといいなぁ。

f:id:sweeteatime:20170630005057j:plain

・・・?

年齢不詳の緑くんと、楽しい日記を続けて行けたらいいな。

f:id:sweeteatime:20161011113545j:plain:w220

Sweet+++ tea time
ayako

こちらもどうぞ

sweeteatime.hatenablog.com

sweeteatime.hatenablog.com