Sweet+++ tea time

Enjoy your life and journey!

Life&Journey

Welcome to my diary!

「ねえねえ、私のどこが好き?」

f:id:sweeteatime:20170526152624j:plain

「ねえねえ、私のどこが好き?」

いま書き起こした瞬間から胸焼けがするようなセリフであるが、まあ熱々の恋人同士ならよくある会話だろう。

こういう場合、質問した女はなんと言われるのが嬉しいだろう?

【例1】

「優しいところだよ」

「…ほかには?」

優等生度:★★★★☆
会話のユーモア:☆☆☆☆☆
内心嬉しさ度:★★☆☆☆
 

【例2】

「ん〜、やっぱ顔!」

「ちょっともう〜!なんか性格とか内面とか言ってよお!」

優等生度:★☆☆☆☆
会話のユーモア:★★★★☆
内心嬉しさ度:★★★★★

 

実はこの場合、「顔!」とか「見た目!」と言われるのは女のテンションを密かにあげる。

「優しいところ」とか「いつも明るいところ」といった卒業文集の「あなたのいいところ」欄に書かれそうな教科書的なことを言われるよりも、ストレートに外見が好みだと言われるのは案外嬉しいものなのだ。

まあ、好きな人から褒められればなんだって嬉しいんですけどね。いずれにしろ、この質問に対する男の答えは「外見」か「内面」のどちらかに分類されることがほとんどであろう。

*・*・*

  f:id:sweeteatime:20170511210755j:plain

先だって、夫が珍しくほろ酔いで帰ってきた。SEの夫にはほとんど飲み会がなく、しかもお酒に強いので滅多に酔わない。

が、その日は珍しく上機嫌でソファに横たわっていた。

いいことを思いついた。私はニンマリ笑いながら夫に近づいた。滅多に酔わない夫の貴重なほろ酔い状態。利用しない手はない。アルコールが軽く作用したときというのは、その人の本音を一番引き出しやすいというではないか。

 

「ねえねえ、私のどこが好き?」

 

それで冒頭のセリフである。おいおい自分が言ったのかよ、と思った読者の皆さん、その通りである。気持ち悪いかもしれないがそこは許容してください。熱々の恋人同士の時期に尋ね損ねてしまったので、結婚4年目の確認である。

「ayakoさんの好きなところ…?」

夫はきょとんとした顔でこちらを見る。

「そうそう。二つあげてもいいよ」

私は身を乗り出して回答を待った。

すると夫は、愛に満ちた微笑みを浮かべて自信満々にこう言った。

 

「カレーとかラーメンを一緒に食べれるところかなぁ!」

 

優等生度:☆☆☆☆☆
会話のユーモア:★★★★☆
的外れ度:★★★★★

 

二つあげてもいいとは言ったが、食べ物を二つという意味ではない。

 

f:id:sweeteatime:20170526144845j:plain

ちなみにここ数ヶ月、ダイエットのため大好きなカレーは一度も食べていない。ラーメンも行かない。したがって、私の魅力はほぼ失われている。これがいわゆる、夫婦の危機なのかもしれないよね。

f:id:sweeteatime:20161011113545j:plain:w220

Sweet+++ tea time
ayako

こちらもどうぞ

sweeteatime.hatenablog.com

sweeteatime.hatenablog.com