Sweet+++ tea time

Enjoy your life and journey!

東京に宇宙人が住んでいるらしい

f:id:sweeteatime:20170511210427j:plain

興味のあるものとないものが、はっきりと分かれている。

たとえば私はスポーツに興味がない。するのも見るのも、さっぱりである。運動神経を前世におき忘れてきたので仕方ないとしても、見る方も一向に興味がわく気配がない。

オリンピックはいつも、知らぬ間に始まり知らぬ間に終わっていく。ニュースをつけると誰が何のメダルを取ったとか感動のシーンとかが流れるので、「ほう…」と思う。「オリンピック、やってるんだな…」とも思う。思うのだが、チャンネルを変えた瞬間に忘れてしまう。

夫はスポーツをするのも見るのも大好きのようだ。

「ayakoさんはニシコリを知らないなんてありえないよッ!」

そんなことを言いながら、熱心にテニスを見ているときもあったし、オリンピックの何かの種目を見るために、深夜とか早朝にテレビにかじりついているのも目にした。一緒に見ようと言われても、退屈すぎて眠くなってしまう。

*・*・*

 

中学生の頃、歴史や地理は得意だったが時事問題が苦手だった。ニュースをあまり見ていなかったからである。

f:id:sweeteatime:20170511210642j:plain

とある期末テストのとき、試験前の付け焼刃な知識で、とりあえず「野球選手のあの人の話がたぶん出るだろうな」と思った。予想は的中し、その野球選手の名前を答える問題があった。社会の全問題の中でもっとも簡単かつ常識の一問である。

私は思った。「そうそう、この人の名前、漢字じゃないんだよね〜」

テスト用紙にしっかりと書き込んだ。

いちろう

 

期末テストが返ってきた。100点だった。が、先生はテスト用紙を渡すときにかなり渋い顔をしていた。

「これ、丸にしたけどサービスだから」

「いちろう」ではなく「イチロー」であることを、学んだ。

とんでもないサービスであった。

*・*・*

 

先日、夫とテレビを見ていたら、男のスポーツ選手が映っていた。私は中学生の頃の自分の間違いを思い出して、クスッと笑いながら言った。

「私わかるよ。この人、イチローでしょ?」

夫は恐ろしいものを見る目でこちらを向いて言った。

「カズだよ…」

 

もはやスポーツが違った。

「ayakoさんには何を説明してもダメだよ」

夫は、興味のない分野における私の無知と理解力のなさを諦めている。

*・*・*

 

そんな私であるが、興味を持っているニュースもある。宇宙関連である。

f:id:sweeteatime:20170511210755j:plain

「昨日の午前3時に、NASAから重大発表があるって言ってたんだよ」

「へえ」

「すごい気になってたんだけど、起きてられなかったよ…なんだったんだろう」

「NASAのことなんて気にしなくていいよ」

「いや、私にも直接関係のある話かもしれないし…」

寝ぼけ眼で、起きてきてすぐにNASAの話を始めた私に、夫は呆れて言った。

「もしNASAの重大発表がayakoさんに直接関係あるとしたら、それは、ayakoさんが宇宙人だってことだよ」

「え?」

「日本の東京都江東区に宇宙人が紛れ込んで住んでいることが発覚しました。そういう内容だよ」

夫はそう言って会社に行った。

*・*・*

 

なるほど、「笑っていいとも」を見たことがなく、ニシコリもイチローもカズもオリンピックの場所も種類も何もかも知らない私は、夫から見れば「宇宙人」であろう。

*・*・*

 

皆さん、興味のわかない分野って、ありますか?恥ずかしいけど全然知らないこと、ありますか?

「私って浮いてるのかな…」と思って落ち込む夜もあるでしょう。私もありました。

でも、大丈夫。東京都江東区、清澄白河に生息する宇宙人は、今日も楽しくやっている。

f:id:sweeteatime:20170511205610j:plain

なんとなく貴重な資料のような気さえしてきたね。(完全に気のせい)

f:id:sweeteatime:20161011113545j:plain:w220

Sweet+++ tea time
ayako

次回予告

明日は千葉県の銚子旅行記を書く予定です。(気分によっては変わります〜)お楽しみに。

こちらもどうぞ

sweeteatime.hatenablog.com

sweeteatime.hatenablog.com