Sweet+++ tea time

Enjoy your life and journey!

Life&Journey

Welcome to my diary!

東京下町桜日記!大横川沿いの桜のトンネルがとびきり綺麗だった

f:id:sweeteatime:20170406192609j:plain

今年はぜったい、きれいな桜の写真を撮って暮らしブログに載せようと、張り切っていました。

お気に入りのグリーンの自転車で、行ってきました。見てきましたよ、東京下町の川沿いの桜!

f:id:sweeteatime:20170406194815j:plain

読者の皆さん、一緒に、お花見散歩しましょう。

 

身近なとこで咲く桜を愛でよう

中目黒、九段下、上野、駒場公園、都内で桜の綺麗なところは本当にたくさんあるけれど、やっぱり家の近くの「小さな桜の名所」が、一番こころ落ち着くもの。

f:id:sweeteatime:20170406193511j:plain

今日は大横川沿いに行ってみた。

菊川橋の架かっている場所がとっても綺麗だったと、朝ジョギングをしている夫に教えてもらったのだ。

Google map 菊川橋

 

両側から桜に包まれる春の大横川が好き

f:id:sweeteatime:20170406195501j:plain

橋の上から見ると、こんな感じ。

改装中のマンションとかボコボコ飛び出しているのもご愛嬌。

f:id:sweeteatime:20170406202009j:plain

いつもはみんな忙しそうに行き交うだけの小さな橋の上、今日はたくさんの人が立ち止まっては桜を撮って楽しそうにしていた。

 

川沿いを歩いてみよう

両サイドの小さな公園スペースから、川沿いのお散歩コースに入れる。

それがね、とっても素敵な桜のトンネルになっているのです!

f:id:sweeteatime:20170406200554j:plain

f:id:sweeteatime:20170406201021j:plain

f:id:sweeteatime:20170406200300j:plain

はらはらと春の日差しがこぼれ落ちて、桜の淡いピンク色がとけるように風に揺れて。

この中を歩いて行くのは、最高に、幸せなのです。

一緒に歩く犬がいたら、もっと幸せだけどね。(ayakoさんは強欲)

 

桜がかわいすぎて、夢中でした

f:id:sweeteatime:20170406201549j:plain

f:id:sweeteatime:20170406201856j:plain

f:id:sweeteatime:20170406201850j:plain

まるでフルーツが実るみたいに、ちょっと下向きに揺れている桜は、本当に可憐そのもので。

f:id:sweeteatime:20170406202255j:plain

今日もけっこう風が強くて、すっと止まる一瞬をカメラにおさめようと、みんなじっと待っていた。桜が咲くと、足を止めるし、時間の流れがちょっと変わるよね。

f:id:sweeteatime:20170406202810j:plain

流れる川に降り注ぐような桜の枝。

f:id:sweeteatime:20170406202516j:plain

f:id:sweeteatime:20170406202750j:plain

まるで妖精がすんでるんじゃないかなぁ、なんて思ってしまう、どこか妖艶な桜の木。

f:id:sweeteatime:20170406202801j:plain

少しずつ、川も地面も桜の花びらで埋まっていく。

待ってね、あと少し咲いていてね。

 

いろんな桜の季節を思い出してしまった

f:id:sweeteatime:20170406203425j:plain

桜の季節はいろんな思い出と結びついている。

それは明るいものばかりではなくて、この時期は新しい環境に変わる緊張もあるし、体調も崩しやすかったりする。

私は幼い頃、春になるとよく熱を出して、保健室で眠ってたなぁ。新しいクラスや先生が不安で、微熱を抱えたまま、新しい一年を乗り切れるかドキドキしていた。

f:id:sweeteatime:20170406203548j:plain

f:id:sweeteatime:20170406203650j:plain

いちばん記憶に残っているのは、就職活動をしていたときの桜。面接と面接の隙間時間、リクルートスーツで私はオフィス街のベンチに座っていた。そこはちょうど桜が満開で、その美しさが切ないほど。

はらはらと舞い落ちる桜のしたで、私はひとりお弁当を食べていた。

不安げに揺れている桜は、まるで自分の心を映してるみたいだった。

f:id:sweeteatime:20170406204301j:plain

就職した春、研修所は国立にあって、桜は息をのむほどに満開だった。

「これからどこで働くのかなぁ」

配属先もまだ決まってなくて、慣れない人たちと泊まり込みの日々、桜を見上げて、そのときもやっぱりドキドキしていた。

f:id:sweeteatime:20170406204216j:plain

桜を見ていると、綺麗でとびきり可愛いんだけど、それだけじゃないちょっと切ない記憶が呼び起こされる。

そのときどきの、桜を見上げる自分がとっても愛おしいし、大丈夫だよと声をかけてあげたい。

f:id:sweeteatime:20170406204616j:plain

とにかく、今、目の前に見える道を、ゆっくりと歩いていけば大丈夫。

f:id:sweeteatime:20170406204158j:plain

まだまだ蕾がいっぱいの桜よ、今週末まで私を楽しませてね。

f:id:sweeteatime:20170406210947j:plain

1日1日が、大事に感じる、桜の季節だね。

あなたの周りに「小さな桜の名所」はありますか?

f:id:sweeteatime:20161011113545j:plain:w220

Sweet+++ tea time
ayako

 

こちらもどうぞ

sweeteatime.hatenablog.com

sweeteatime.hatenablog.com

sweeteatime.hatenablog.com