読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Sweet+++ tea time

Enjoy your life and journey!

Life&Journey

Welcome to my diary!

大室山リフトはちょっぴり怖いけど、360度パノラマは最高に綺麗だった

わたしの旅行記 伊豆・伊東旅行記

f:id:sweeteatime:20170305201216j:plain

一泊二日の伊豆旅行。最後はリフトに乗って大室山に登り、ぐるっと一周散策しました。

数年前にも一度来たことがあるんだけど、そのときよりスリルを感じた。何より、登った先の景色に大感動しちゃった。

 

大室山リフトに乗ってみよう

f:id:sweeteatime:20170304181424j:plain

寒いけどきれいに晴れた冬空の下、チケットを買って順番を待つ。

f:id:sweeteatime:20170304181430j:plain

ちなみにチケットは往復500円でとっても安い。子どもは半額で、抱っこすれば犬も一緒に登れる。

大室山登山リフト | 伊東観光協会オフィシャルサイト

f:id:sweeteatime:20170112201730j:plain:w100 「二回目だけどドキドキだよ…」

f:id:sweeteatime:20170112201310j:plain:w90「自分は初めて」

 

リフトに乗ると見える景色

f:id:sweeteatime:20170304175140j:plain

これは前方向。

f:id:sweeteatime:20170304182743j:plain

横を見るとわかるけど、けっこう傾斜があるのです!

f:id:sweeteatime:20170112201310j:plain:w90「これは楽しい」

f:id:sweeteatime:20170112201730j:plain:w100 「ブルブル」

f:id:sweeteatime:20170304183208j:plain

思ったよりぐんぐん進む。でもすぐ下に芝生が見えるから「万が一落ちても死なない…」と唱えることで楽しむことができる。

だいぶ登ってきました。

f:id:sweeteatime:20170305201216j:plain

f:id:sweeteatime:20170304184442j:plain

きれいな青空の下で、坂道のところ、ふわふわのススキがいっぱい揺れていた。

f:id:sweeteatime:20170304184335j:plain

f:id:sweeteatime:20170112201730j:plain:w100「うわぁ〜思ってたより怖い…!」

f:id:sweeteatime:20170112201310j:plain:w90(にやにや)

ビビリの人は、後ろを振り返ってはいけません。

普段、スマホを見ていたら6分間なんてあっという間に過ぎちゃうけど、大興奮でした。時間の密度が違うね。

 

360度のパノラマが楽しめる天然記念物です

そう、標高580mの大室山は変わった火山地形(スコリア丘)で国指定の天然記念物になっている。

全景はこんな感じになっている。

f:id:sweeteatime:20170305191530j:plain

出典:大室山ホームページ

山頂には直径300m、周囲1000m、深さ70mの噴火口跡がありこれを周回する「お鉢めぐり」では富士山をはじめ南アルプス、伊豆七島、房総半島まで見渡せ360度のパノラマが望めます。

噴火口跡のボコッとあいた穴の周りを散歩できる。それを「お鉢めぐり」って言うんですね。

ちなみに、窪んだところではアーチェリーができる。次回は、やってみたいなぁ。(多分どこにも当たらないけど…)

 

大室山「お鉢めぐり」の景色は最高でした

f:id:sweeteatime:20170305193321j:plain

こんな感じの道をぐる〜っと一周歩いていく。左側は窪み(アーチェリーやるとこ)、右側には絶景が広がっている。

f:id:sweeteatime:20170305193907j:plain

この日は天気も良かったから、山並みの向こうにきれいな富士山が見えた。

f:id:sweeteatime:20170305194038j:plain

ある方向は雲の模様や光の感じが幻想的で、

f:id:sweeteatime:20170305194225j:plain

ある方向は紅葉した山や入江があざやかに見えた。海と空の青色が溶け合っていた。

f:id:sweeteatime:20170112201730j:plain:w100「すごい!どっち側をみてもめちゃくちゃ綺麗だよ…」

f:id:sweeteatime:20170112201310j:plain:w90「これは興奮しちゃうねぇ」

帰る時間も近かったので、最初はリフトで上に登ったら、お鉢めぐりはしないですぐに降りようとか言っていた私たち。でも、登っちゃったら、この景色の魅力には抗えなかった。

f:id:sweeteatime:20170305195028j:plain

f:id:sweeteatime:20170305195018j:plain

f:id:sweeteatime:20170305194737j:plain

子どもの頃に読んだ本で「ススキが金色に光る」っていう描写を、意味わからないなぁと思ってたんだけど、光ってました。太陽の光を吸い込んで黄金色に輝いていた。

f:id:sweeteatime:20170305195101j:plain

f:id:sweeteatime:20170305195114j:plain

空と海と雲が曖昧に溶け合っている、このブルーはとっても好き。

f:id:sweeteatime:20170305194728j:plain

海を囲むように街があって家がある。月並みだけど、この小さな家の中に一人一人の生活があって、みんな悩んだり喜んだりしながら暮らしてるんだなぁと思うと、旅の終わり、じーんとくるのでした。

 

おまけ:ソフトクリームの男の子と女の子

リフトに乗り場のところに、お土産とか売店があるスペースがあった。

f:id:sweeteatime:20170304180449j:plain

このソフトクリーム売り場によくいる男の子と女の子、めちゃくちゃ可愛くて大好きなんです!

そう思っている人、いるのかなぁ。

f:id:sweeteatime:20170112201730j:plain:w100 「かわい〜!!」パシャパシャパシャ…(カメラ音)

f:id:sweeteatime:20170112201310j:plain:w90「・・・・・」

f:id:sweeteatime:20170304180952j:plain

f:id:sweeteatime:20170304180957j:plain

こちらはシャボテン公園にいた子たち。

レトロポップでたまらない。

楽しい楽しい、伊豆の週末旅行でした。(終わり)

 

まとめ

読者の皆さん、伊豆旅行記、楽しんでもらえましたか?

全5話になりました。いつでも読み返して、ニコニコ顔になってくださいね!

sweeteatime.hatenablog.com

sweeteatime.hatenablog.com

sweeteatime.hatenablog.com

sweeteatime.hatenablog.com

sweeteatime.hatenablog.com

f:id:sweeteatime:20170305200619j:plain

いつもお留守番の緑くんも、楽しんでくれたら嬉しいね。

次回は、最後に伊豆のおすすめ観光地まとめを作りたいと思います!

f:id:sweeteatime:20161011113545j:plain:w220

Sweet+++ tea time
ayako