読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Sweet+++ tea time

Enjoy your life and journey!

Life&Journey

Welcome to my diary!

冬の銀座のショーウィンドウで、たまらなく可愛いシロクマを見た話

f:id:sweeteatime:20170106110128j:plain

12月のある日の夜、日比谷駅から銀座に歩いてきました。

人々の欲望を駆り立てる、美しいショーウィンドウがズラリと続く銀座の街。

f:id:sweeteatime:20170106104614j:plain

f:id:sweeteatime:20170106103932j:plain

クリスマスシーズンだったから、いつもに増して煌びやかで、歩く人々も楽しそうで、楽しそうなのに寂しそう。

f:id:sweeteatime:20170106104428j:plain

そんな銀座の街に、彼は眠っていた。

f:id:sweeteatime:20170106104957j:plain

東京の真ん中で、足の裏をオープンにして、子シロクマを載せ、ぐうぐう。

f:id:sweeteatime:20170106105352j:plain

ぐうぐう、ぐうぐう。

いいねぇ、いいねぇ。

買い物袋を抱えた人もそうじゃない人も、誰かと一緒の人もそうじゃない人も、みんなシロクマの周りに集まってきた。

さあ、皆さん、よく見てほしい。

f:id:sweeteatime:20170106110047j:plain

f:id:sweeteatime:20170106110113j:plain

f:id:sweeteatime:20170106110135j:plain

このシロクマ、ちょっと動いた!

ボタンを押すと、少し動いてつぶらな瞳を見せてくれるのである。

みんな大喜びでスマホのカメラを向けるなか、一人一眼レフで張り切っていた私の姿を、思い浮かべてはいけない。

f:id:sweeteatime:20170106110508j:plain

頭にも、

f:id:sweeteatime:20170106110647j:plain

背中にも、

子シロクマを載せて。

f:id:sweeteatime:20170106110912j:plain

そんなシロクマを見守るペンギンたちもいた。

きっとみんな何かの広告だと思うんだけど、まったく気付かず癒されてしまった。

華やかな街を作るのも、そこで寂しさを感じるのも、人間。

でもショーウィンドウに大きなシロクマを置こうと考えるのも、人間。

そのシロクマに、思いがけずほっこりしちゃうのも。

f:id:sweeteatime:20170106110918j:plain

「やっかいな、ヤツらだよねぇ」

おめかししたペンギン達も、ちょっと呆れちゃう夜なのでした。

f:id:sweeteatime:20170106114851j:plain

東京の街も、もっと撮ってみたいなぁと思った。

f:id:sweeteatime:20161011113545j:plain:w220

Sweet+++ tea time
ayako