読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Sweet+++ tea time

Enjoy your life and journey!

Life&Journey

Welcome to my diary!

記憶の中の景色が、今日をちょっと幸せにする。竹芝ふ頭と海沿いの喫茶店。

暮らしのWEBエッセイ《小さな幸せ》

f:id:sweeteatime:20160829155205j:plain

皆さん、わけもなく好きな景色って、ありますか?

特に何があるわけでもない。凄まじい夜景も、迫力満載の自然も、おしゃれな建物もない。だけど無性に好きな景色。

私のそれは、ゆりかもめの小さな駅「竹芝」なんです。

f:id:sweeteatime:20160829160620j:plain

4月の終わりの、午後16時54分。またここに来ちゃったんだ。

夕闇の写真だけど、私の大好きな景色、ちょっとでも分かち合えたら嬉しい。

一番おしゃれな場所は、波止場なんだ!

f:id:sweeteatime:20160829194804j:plain

私は海が好きで、泳ぐ海も好きだけど、見る海も好き。旅立つ海も好き。船がやってきては出発する、何かが交差する港が好き。

f:id:sweeteatime:20160829194916j:plain

竹芝から眺める東京湾。海沿いにはかっこいい倉庫がずらりと並んでいる。

自然いっぱいリゾートって感じの海も好きだけど、この金属っぽい港の風景も大好きなんだなぁ。

f:id:sweeteatime:20160829192024j:plain

f:id:sweeteatime:20160829194153j:plain

竹芝ふ頭。竹芝客船ターミナル。

東京湾を周遊するカラフルな船が出るかと思えば、遠くまで行ける白い客船も出る。

ちょっとホームページを見てみたら、どうやら三宅島、八丈島、小笠原諸島に行けるらしい。

天気予報でしか聞いたことのない遠い島に、ここから行けるんだと思うだけで、なんだかめちゃくちゃ興奮しちゃう私である。

f:id:sweeteatime:20160829195055j:plain

「ふ頭(埠頭)」って言葉が「波止場」と同じ意味だと、初めて知った。

小説を読んでいても、港系の用語は、いまだによくわからない日本語がいっぱいある。自由で未知の世界だ。

海沿いの、静かで素敵なビルディング!

f:id:sweeteatime:20160829195925j:plain

竹芝駅を出ると、ニューピア竹芝サウスタワーがある。

基本的にオフィスビルで、一階には喫茶店とかレストランが入っている。いつ来ても、ガラガラで人がいない。

このビルディングもまた、大好きなんです。

f:id:sweeteatime:20160829200626j:plain

一階のレストランがあるところ。

この足元のタイル…

f:id:sweeteatime:20160829200900j:plain

f:id:sweeteatime:20160829200910j:plain

まさに海の色!

東京にはおしゃれなカフェも建物も無数にあるけれど、私が考える最もおしゃれな建物はここ。

ゆりかもめで、皆が通り過ぎてしまう駅、竹芝。

海沿いの、誰も来ない、ガラガラの素敵なビル。

f:id:sweeteatime:20160829201339j:plain

なぜかドレスショップがあって、綺麗なウェディングドレスがショーウィンドウ越しに見られる。

f:id:sweeteatime:20160829201607j:plain

窓の向こうには海の気配があって、ガラス扉を開ければ、

f:id:sweeteatime:20160829201854j:plain

デッキが広がる。

何にも考えずに、ぼうっとここを歩くのが、大好きです。

海沿いの喫茶店は、なぜか自由な気持ちになれる

このビルの入り口に、無性に好きな喫茶店がある。

f:id:sweeteatime:20160829202721j:plain

「BAYSIDE CAFE KEYWEST」

ベイサイドカフェ。いい響きだ…!でも、カフェというより喫茶店という感じです。

席の並び方も、なんだか食堂っぽい。ご飯も本格的じゃないんだけど、それがまたいい。

f:id:sweeteatime:20160829203059j:plain

f:id:sweeteatime:20160829203126j:plain

 天井が高くて、ガラスの向こう側にはデッキと海が広がっていて、そしていつも空いている。

観光地じゃないから、カフェもデッキも人がいない。ここにくると、私はすごく自由な気持ちになる。

「人生に無駄はない」の本当の意味とは…?

竹芝は、皆が通り過ぎる駅だ。

新橋や汐留、お台場。賑わう場所と場所の間に、偶然にできたポケットみたいに、人が来ない駅である。

f:id:sweeteatime:20160829194730j:plain

だけど私はこの静かな海沿いの空間がすごく好きで、もう7年くらいずっと好き。

落ち込んだとき、なんか鬱屈した気持ちのとき、ここに来て船を見るのがいい。

そんな私が竹芝の風景を偶然知ったのは、就職活動だった。面接や説明会で21歳の私は初めてこのオフィスビルにやってきた。

f:id:sweeteatime:20160829210828j:plain

当時は、もう全然おしゃれじゃない真っ黒なリクルートスーツを着て、ちょっと憂鬱だったり緊張したりしながら、この竹芝駅を降りて。

面接の時間まで、デッキをうろうろしたり、この喫茶店でぼうっとコーヒーを飲んだりしていた。

f:id:sweeteatime:20160829202534j:plain

就職活動は、誰もがそうであるように、基本的にすごく憂鬱で退屈で辛いことが多い。そのうえ私は、結局会社を3年で辞めてしまったのだから、なんだか意味がなかったような気さえする。

だけどその就職活動は、竹芝の風景を教えてくれた。

もちろん、竹芝は、いつでも降りられるゆりかもめの一つの駅でしかない。

でも、将来のことが不安で心細いリクルートスーツ姿の私だったからこそ、船が行き交う竹芝ふ頭、この波止場の自由な風景に惹かれたのかもしれなかった。

f:id:sweeteatime:20160829205309j:plain

「人生に無駄はない」

それは「就職活動にも意味があった」というより、「それで出会えた景色があった」という意味だと、私は思っている。

竹芝の小さな景色は、7年経った今も私をときめかせ、生きる道をささやかに照らしてくれる。デッキから眺める、海の煌めきのように。

f:id:sweeteatime:20160829201854j:plain

f:id:sweeteatime:20160829205100j:plain

写真を好きになって、カメラを好きになって、私は思う。

大好きな景色に出会えるというのは、すごく価値あることなんだ。

なぜならそれは、雑誌や観光パンフレットの中ではなく、自分の記憶と体験の中でしか、本当には出会えないものだから。

f:id:sweeteatime:20160829212301j:plain

f:id:sweeteatime:20160829200910j:plain

落ち込んだ時は、いつだってここに来よう。

f:id:sweeteatime:20160829155205j:plain

なんだかすごく、自由な気持ちになれるから。

f:id:sweeteatime:20160829222019j:plain

素敵な景色に出会えるかも。そう思えば、進むのは決して怖いことじゃないんだよね、緑くん

皆さんの、なぜか好きな景色は、どこですか?

おまけ

f:id:sweeteatime:20160829210604j:plain

オーガニックで手作りでおしゃれなケーキもいいけれど、こういういかにも「海沿いの喫茶店」って感じの"冷たい"ケーキも、大好きです。

今回は、記念すべき100記事目でした。

「読んでくれて、ありがとう!」

http://f.st-hatena.com/images/fotolife/s/sweeteatime/20160314/20160314201603.jpg?1457954268

Sweet+++ tea time
ayako

こんなのも書いてます 

sweeteatime.hatenablog.com

sweeteatime.hatenablog.com 

sweeteatime.hatenablog.com