読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Sweet+++ tea time

Enjoy your life and journey!

Life&Journey

Welcome to my diary!

宝賀温泉ささらの湯とブックカフェNABO。信州上田の夜は楽しい【長野旅行記2】

長野・信州上田旅行記 わたしの旅行記

f:id:sweeteatime:20160727120309j:plain

長野旅行記第2話、上田での観光(とグルメ)を満喫した私たちは、この日運命の出会いを果たすことになる。

それは素晴らしすぎる温泉と素晴らしすぎるBOOK CAFE という、私が鼻血を出すレベルで好きな2トップであった。

f:id:sweeteatime:20160727135551j:plain

思い出すだけで興奮しちゃう2大スポットを、ぜひ一緒に楽しもうではないか。一見何もないようで、すごく楽しい信州上田nightである!

夜はやっぱり温泉に入りたい

さて、温泉付き旅館の値段にびびってしまった私たちは、今回の宿泊先を駅前のビジネスホテルにしていた。

f:id:sweeteatime:20160727142314j:plain

でも旅先では、やっぱり温泉に入りたくなる。

上田に到着してすぐ、ホテルのフロントの方に聞いてみると、近くの旅館が「日帰り温泉」もやっていると教えてくれた。

「これで一安心」

温泉入る気満々で1日を過ごした我々は、夕方、満を持してお風呂セットを持って旅館に向かった。

f:id:sweeteatime:20160627151428j:plain 「あの〜、日帰り温泉はこちらでしょうか」

f:id:sweeteatime:20160727144050j:plain「ええ? 日帰り温泉はもうやめちゃったのよ」

f:id:sweeteatime:20160725154141j:plain

f:id:sweeteatime:20160727144050j:plain

「日帰り温泉はもうやめちゃったのよ」

(何故かどアップ)

・・・・・

・・・・・

歩いていける唯一の温泉だったため、ショックを隠せない私たちであった。

上田night 運命の出会い1:宝賀温泉「ささらの湯」

今思えば、これが幸運だったんだよね。

意気消沈した私たちはあわててネットで調べなおし、ちょっと遠いけど宝賀温泉「ささらの湯」にタクシーで訪れた。

↑ 温泉のあとの牛乳は最高。(飲むヨーグルトだけど) 

 何がいいって、泉質!すっごくトロトロの柔らかい温泉で、これがめちゃくちゃ気持ちよかったのだ。

最初こそ、「汗かいてないし今日は髪洗わなくていいや〜」と軽い入浴を匂わせていた私であったが、

いざ女湯に入ったら…

f:id:sweeteatime:20160727151739j:plain

こうである。

このトロトロ温泉と大好きなサウナを行ったり来たりで大忙しの2時間であった。ちなみに、ちゃんと髪も洗いましたよ。

常連さんのおばあさま達と、たくさんおしゃべりして楽しいお風呂タイムとなった。(私は銭湯でも道端でも非常によく話しかけられるタイプである。)

実はワンコイン温泉!

浴槽も3つ以上あり、露天風呂もサウナも大充実の「ささらの湯」だけど、市営のためとってもリーズナブル。

なんとたったの500円!

一日中いても500円!

「さすがayakoさんはお金の使い方もうまいねぇ」

うんうん。

まあ、私たちの場合はタクシー代往復8,500円がかかったけどね。

f:id:sweeteatime:20160726201311j:plain

最初からおとなしく温泉付き旅館に泊まればよかったのでは…

まあ、なにはともあれ、タクシーで上田駅に戻ってきた我々には、次なる最高の出会いが待っていた。

上田night 運命の出会い2:ブックカフェ「NABO」

f:id:sweeteatime:20160727165023j:plain

上田駅近く、正直何もなさそうな真っ暗なエリアに、ぼんやりとそれは現れた。

とんでもなくオシャレそうなこの光はいったい…

扉を開けると、

f:id:sweeteatime:20160727165030j:plain

f:id:sweeteatime:20160727165048j:plain

f:id:sweeteatime:20160727165042j:plain

f:id:sweeteatime:20160727135551j:plain

ayakoさん大興奮である。

私の好みドンピシャの、めちゃくちゃおしゃれなブックカフェ!美味しい飲み物とパン、そして素晴らしく私好みでセレクトされた数々の本たち。(古本、新刊ともにありました。)

f:id:sweeteatime:20160727170425j:plain

東京にもおしゃれなセレクトショップ的本屋さんはたくさんあるけど、最近は「どれも見たことあるな〜」という感じでそこまでそそるものがなかった。

だがこちらのNABO(ネイボ)さんには、初めて見るような写真集やビジュアルブックもたくさん。

ビール片手に興奮気味に物色する私。

f:id:sweeteatime:20160727165036j:plain

2階もあって、なんだか隠れ家みたいで楽しい!

まだ来たばかりなのにもう一度来たい!このブックカフェとささらの湯だけでもまた上田に来たい!

そんな素晴らしい上田night!

この日のお買い上げ

f:id:sweeteatime:20160727171044j:plain

我慢、できませんでした。

旅先で、まさかの6冊(しかも1冊はめちゃくちゃ重い)を買ってしまった。

いいのです。運命の6冊だから、いいのです。

せっかくめちゃくちゃ素敵なブックカフェでめちゃくちゃ素敵な本に出会ったのに、それをamazonで注文するなんてのは野暮なんです。(これを持って東京に帰るのが野暮ともいえる)

f:id:sweeteatime:20160727115642j:plain

帰ってからもノートに「NABO」さんへの思いを綴る私。

温泉後のすっぴんで訪れた怪しい観光客の私でしたが、写真のブログ掲載も快くご許可くださいました。「NABO」さん、本当にありがとうございました!

www.nabo.jp

 ↑ めちゃくちゃ素敵空間です。

上田に住んでいる人が、うらやましい!

楽しかった信州上田旅行1日目

f:id:sweeteatime:20160727172044j:plain

 大満足でホテルへと戻る夜、信号を待っている間に見つけた、上田のかわいいマンホール。

夜はカメラを持ち歩かなかったので、温泉は写真無し、NABOさんもiphoneカメラのみとなったが、なんとか旅の楽しさを皆さんに伝えられていたら嬉しい。

(載せてみて気づいたけど、iphone写真も十分綺麗だよね!?) 

f:id:sweeteatime:20160727172614j:plain

f:id:sweeteatime:20160727120309j:plain

週末の思いつき一泊旅だけど、全5話を予定している長野旅行記。

短い旅でも、ブログに書き、紙のノートにも書き、何度でも反芻してはニヤニヤしている燃費のいい私であった。

f:id:sweeteatime:20160727173451j:plain

うふふ…緑くん、そのとおりだよ。

書きたいことがいっぱいあって、いつまでも旅行気分が味わえるね。

▽長野旅行記第3話へ続く▽

しなの鉄道「大屋駅」が、なぜかたまらなく好きだった【長野旅行記3】 - Sweet+++ tea time

▽他にも書いてます▽

信州上田旅行記一覧

amazon ことりっぷ(小布施・長野)

http://f.st-hatena.com/images/fotolife/s/sweeteatime/20160314/20160314201603.jpg?1457954268

Sweet+++ tea time
ayako