読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Sweet+++ tea time

Enjoy your life and journey!

Life&Journey

Welcome to my diary!

初夏の夕焼けと猫を撮る。写真が好きな私の清澄白河夜散歩。

EAST TOKYOお散歩日記 清澄白河お散歩日記

f:id:sweeteatime:20160629072344j:plain

夏の夕方。ドアを開けたらこんな空が広がっていた。

ヨーグルトみたい…

そうだ、お散歩しよう。一眼レフを持って、新大橋通りまで出てきたら。

初夏の夜に、紫陽花が光ってたよ

f:id:sweeteatime:20160629075217j:plain

車が激しく通る道路脇にも、静かに咲いている夜の紫陽花。

そこだけ明かりが灯っているみたいに、ぼわっと白い。

f:id:sweeteatime:20160629075302j:plain

咲きかけも、ふんわりと花ひらいたのも、みんな夕闇の中でどこか神秘的。

ちなみに、今私が歩いている新大橋通りは、知る人ぞ知る、いたってふつうの道路です。

だけどちょっと小径に入ったら・・・

素敵な出会いがありました

f:id:sweeteatime:20160629080359j:plain

「やあ」

f:id:sweeteatime:20160629081008j:plain

「僕、忙しいんだ」(ササっ)

f:id:sweeteatime:20160629082113j:plain

「でも、ちょっとだけなら撫でてもいいぞ」

f:id:sweeteatime:20160629083212j:plain

「ほら」

 そんなこんなで、可愛い猫さんとのデートになったわけです。

f:id:sweeteatime:20160629084103j:plain

なぜか私のサンダルに何度も顔をすりつけてくる猫さん。

至福…!

写真はないけど、私たちは濃密な時間を過ごしたんだ。

「でもごめん、そろそろ行かなきゃ」

愛くるしい君に別れを告げる。

f:id:sweeteatime:20160629084641j:plain

「なんだよ、もう行っちゃうのか…」

 出会いがあれば、別れもある。散歩も人生も、一緒だよね。

夏の夕焼けに恋する

f:id:sweeteatime:20160629085129j:plain

いつのまにか空はピンク色に染まっていて、夕焼けが眩しい。

f:id:sweeteatime:20160629085138j:plain

f:id:sweeteatime:20160629085324j:plain

街頭が灯り、ぽつぽつと明かりが目立ち始める街の感じ。

この感じ、寂しいけどあったかくて、好きだなぁ。

f:id:sweeteatime:20160629091346j:plain

水彩画みたい。どんどん芸術的になっていく、夏の空。

街でみつけた私の好きなもの

f:id:sweeteatime:20160629085501j:plain

お店の前で、可愛い植木鉢をみつけた。木靴の中に植えられてる!

f:id:sweeteatime:20160629090616j:plain

ジャノメミシンの建物。新大橋通りに来ると、いつも気になっちゃう。この字体も赤色もレトロでかわいい。

お店の中は窓越しにしか見たことないけれど、すごくアンティークな雰囲気のミシンも並んでいた。

f:id:sweeteatime:20160629090634j:plain

もうお店を閉じてしまったみたいだけど、bar nico さんのシャッターには、なんだか愉快な絵が描かれている。

赤ワイン、飲みたくなってくるなぁ。美味しいご飯も、食べたくなってくる(おなか空いた…)

夜の水辺に恋をする

f:id:sweeteatime:20160629093743j:plain

f:id:sweeteatime:20160629092042j:plain

最後は、森下から清澄白河の方に戻って、 夕闇に浮かぶ小名木川を見る。水面がキラキラ光っていた。

f:id:sweeteatime:20160629094823j:plain

何度も見ている高橋から見る小名木川の景色も、夜はちょっと違って見える。

いつの間にか空はすっかり暗くなっていて、

f:id:sweeteatime:20160629092153j:plain

小さな月もぼんやりと浮かんでいたし、

f:id:sweeteatime:20160629092159j:plain

遠くの建物は、真っ黒いシルエットになった。 

「さあ、そろそろ帰って、夕飯の支度をして、もう一仕事しようかなぁ」

f:id:sweeteatime:20160629075347j:plain

ちょっと疲れた心を解いてくれる、やさしい初夏の夕方でした。

 

f:id:sweeteatime:20160629101918j:plain

そうだね、緑くん

冬と違って、夕方が長いのがいいよね。

「暮れなずむ」って大好きな言葉なんだけど、「暮れなずむ時間」がたっぷりある夏は、やっぱり最も贅沢で、愛すべき季節だと、28歳の私は思っている。

 

こんなのも書いてます

sweeteatime.hatenablog.com

sweeteatime.hatenablog.com

sweeteatime.hatenablog.com