読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Sweet+++ tea time

Enjoy your life and journey!

Life&Journey

Welcome to my diary!

清澄白河の喫茶店「あんずや」で、美味しいあんみつ食べました。

清澄白河おすすめカフェ 清澄白河お散歩日記 EAST TOKYOお散歩日記

f:id:sweeteatime:20160223190332j:plain

最近、美味しいあんみつ食べたの、いつですか?

洋菓子より断然和菓子が好きな私、なかでも「あんみつ」には小さい頃から格別な愛を寄せてきました。

東京下町の清澄白河・森下エリアに住んで2年ちょっと。今日は、近所で出会ってしまった、とびきり美味しいあんみつを出してくれる喫茶店の話を。

清澄白河の喫茶店「あんずや」

驚くなかれ、店先に「かかし」が立っている、不思議な喫茶店です。

f:id:sweeteatime:20160223181004j:plain

しかもこの「かかし」、時期によって変わるんですよね。私のお散歩記憶を辿ると、ジブリ映画「風立ちぬ」の主人公とか、女の人の「かかし」もいた気がする。

この案山子たちは、オーナーの手作り

なんでも、オーナーは「かかしコンクール」に入賞したことがあるらしい・・・世の中には、いろんなコンクールがある。想像をはるかに超えて。

英検も漢検も受けたことなし、資格ものは好きじゃない私だけど、「かかしコンクールってなんてクールなの!」って思ってしまった。

f:id:sweeteatime:20160223182626j:plain

時折変わる案山子を見ては「ここ変わってるよねぇ」と、「今日はあったかいねえ」みたいな感じで言葉を交わしながら、夫と何度も通った店先、初めて扉を開きました。

ちなみに、写真左側の「深川めし」のお店も、とても美味しい。

小さなギャラリーを持つ、優しい空気の喫茶店

静かで優しい空気が流れていました。

f:id:sweeteatime:20160223183102j:plain

 店内の壁はギャラリーとして貸し出されているみたい。額縁におさめられた絵画が、ひとつひとつ丁寧に並べられていました。

こういうの、すごくいい。

芸術の難しいことは分からないし、静かなところでは睡魔に襲われてしまう・・・私みたいな人にとっては、美術館より、ずっと。

好きな人とお茶しながら、お喋りしながら、絵を見るひととき。

f:id:sweeteatime:20160223184507j:plain

店内では、女の人がひとり、熱々のうどんを食べていました。とても幸せそうに。
私たちも「あんみつ」を注文します。

丁寧に作られた自家製あんみつ

f:id:sweeteatime:20160223184747j:plain

  • 神津島(伊豆七島のひとつ)の最高級のてんぐさから煮出して作るかんてん
  • お店の名前にもなっている甘酸っぱいあんず
  • 純黒糖と赤砂糖を混ぜて作られる黒蜜・・・

ひとことで言いましょう、 とても美味しかったのです。

f:id:sweeteatime:20160223185625j:plain

ああ、写真を見ていたらまた口の中に恋しさが募る。

優しくて、上品で、カラフルで。

「美味しいねおいしいね」と、彼と言い合っていただいた最高のあんみつ。
今度は、ひとりでも行ってみよう。

f:id:sweeteatime:20160223190332j:plain

通いたくなる喫茶店「あんずや」に出会えた、日曜日の昼下がり。

 わたしの美味しいあんみつ物語。

f:id:sweeteatime:20160223190936j:plain

これからも読みに来てくださる皆さんに、「EAST TOKYO」のいいところ、伝えてゆけたらいいな。

清澄白河カフェ日記、いろいろ書いてます。

お散歩日記もあるよ。

EAST TOKYOお散歩日記

http://f.st-hatena.com/images/fotolife/s/sweeteatime/20160314/20160314201603.jpg?1457954268

Sweet+++ tea time
ayako