エアアジアの落とし穴と大人の算数

理科と算数がダントツで苦手科目であった。 机に物を置いたら机の方からも押し返す力が働いてるとか、くじ引きは何番目にひいても確率は変わらないとか、「嘘だな」と思うことばかりだったからだ。

タイ入国奮闘記!パスポートの残り期間が足りなくて旅行できるのか…?

一年越しで楽しみにしていた夏休み旅行は、いよいよ目の前に迫っていた。 目的地は、タイの田舎町、カオラック。私も夫もめちゃくちゃウキウキしていたことは言うまでもない。

サプライズはいらないらしい。夫のバースデイ日記2017

先日、夫は30歳になった。 25歳で出会って、26歳の誕生日から一緒にお祝いしているので5回目である。しかし異性の誕生日を祝うというのはなんと難しいことであろうか…

キュートな小樽お土産日記&小樽旅行で行ってよかったところ

大好きな小樽の街を再訪した、楽しすぎた二日間。最後に、今回行ってよかったお店や観光スポット7つをまとめてみたい。 後半ではキュートすぎる小樽お土産たちも紹介します!

タイのカオラックから帰ってきたよ!お家時間が幸せすぎる…

2017年8月15日の早朝、ayakoさんはタイのカオラックへと旅立った。

夏の旅行にいってきます!(次回更新は8月21日だよ)

読者の皆さん、ごきげんよう。 これは、刺繍部屋の全身鏡でひとりファッションショーを繰り広げるayakoさんの図である。

小樽のレトロ建築「さかい家」と、小樽運河公園のお散歩日記

一泊二日の小樽旅行もいよいよ二日目の朝である。旅は終わりへと近づく。 いつだってそうだけど、楽しい時間はあっという間にすぎてしまう。

数年ぶりに高熱を出したら、プレミアムな「夢」を見た話

私は滅多に風邪をひかない。 OL時代、「体調不良」による遅刻や欠勤は多々あったが、本当に体調不良だったことは滅多にない、そういう人間である(同僚の皆さん、ごめんなさい)

薄いお財布を持った「スマートな現代人」への道

「すっかり私もスマートな現代人だな…」 数年前のある日、私は薄くなった財布を見ながらひとり悦に入っていた。

牛乳たっぷりのアイスルイボスティーが美味しすぎる!(2017.7紅茶日記)

突然ですが新コーナー(?)である! 大好きな紅茶の話を、日記の後半に入れるとどんどん話が長くなってしまうので、まとめることにした。楽しいティータイムの記憶を、毎月の紅茶日記として書いてゆきたい。

ドアを開けると"みんな"が笑顔で迎えてくれる玄関です(2017.7写真日記)

7月も、終わってしまった!嘘でしょう! 大好きな夏はあっという間すぎて寂しい。今年はまだ泳ぎにも行けてないけど、振り返ると2017年7月も、楽しいことがいっぱいあった。記録しておくっていいなぁ。

宝くじに当たるより、ずっと嬉しい再会がある

髪を切りついでに、千葉の実家に一泊してきました。(私は地元の美容室に14歳からもう15年も通っている…)

高級スーパーは楽しいね。明治屋のトロピカルマリアと夏の日本橋日記

土曜日、なんとなく日本橋に行ったら、通りかかった明治屋の本店でトロピカルマリアのフルーツクラッシュという食べ物を食べた。

他愛のない話こそ最強

近所のパン屋さんに行くと、お店のおばあさんといつも世間話をする。世間話というか、要は天気の話である。

馬喰町の雑貨店JAM COVERで、運命のポーランド食器に出会った話

とうとう、理想のポーランド食器に出会ってしまった。2017年夏の大収穫である(散財) もう何度も通っている、大好きな雑貨屋さん「JAM COVER(ジャムカバー)」の紹介とワクワクしたお買い物日記です。

森のビアガーデンで念願のふたりBBQをしたよ。外苑前・渋谷お散歩日記

バーベキュー。 こんなにキラキラと輝く夏のワードがあるであろうか? そう、私たち夫婦がずっと憧れてやまなかったイベントが、この夏とうとう実現したのである・・・

おしゃれで可愛いスーツケースなら、HaNT(ハント)がおすすめ!

10年以上使った、大好きなスーツケースがとうとう壊れてしまった。 次のスーツケースを探すべく東京の街を歩きに歩き、「もうダメだおしゃれなスーツケースなんてこの世には存在しないんだッ」と諦めたその瞬間、とうとう出会ってしまったのである。

ビアホール小樽倉庫No.1とプレスカフェ!ロマンチックな夜の小樽日記

ああ、小樽の街は、お昼もいいけど夜が一番ロマンチック! 運河クルーズの間にとっぷりと日が暮れて、ガラッと雰囲気の変わった小樽の街並みは、歩いているだけでとにかく楽しい。母とふたり、運河沿いの素敵なビアホールとカフェに行ってみた、夜の小樽お散…

可愛すぎる台湾のお茶缶!夫のお土産が4年ぶりにヒットした話

夫が友達と海外旅行に行ったとき、買ってきてくれるお土産は常にスリリングである。

ボニーコーヒー東京はエメラルドグリーンの世界!清澄白河カフェ日記

夏の朝、まだ太陽が照りつける前に散歩をして、美味しいアイスコーヒーを飲む。ああ、これってもう、最高のシチュエーションではないだろうか!?

サウナで5分だけ見た「3月のライオン」の聖地巡礼をした話

皆さんは、「3月のライオン」というアニメをご存知だろうか? ちなみに私はちょっとだけ知っている。どのくらい「ちょっとだけ」かというと、サウナの中のテレビで5分ほど見たという究極の「ちょっと」である。

写ルンですで撮った香港は、懐かしい色彩であふれていた

「写ルンです」で撮った、冬の香港旅行の写真を現像した。 撮ったことすら忘れていた無数の風景たち。香港の街にあふれる懐かしい色彩と活気が目の前に立ち上がって、見ているだけで動き出しそうな気がした。まるでもう一度、旅に出ているような。

映画デートはもったいない?

映画デートは良くない、という話を聞いたことがある。 「良くない」というより「もったいない」という方が正しいかもしれない。要は2〜3時間をただ画面を見て過ごすわけであるから、距離が縮まらないしデートとしてはイマイチという話である。

自宅用のミニブーケを買って、お気に入りの瓶に飾った日

駅ビルのお花屋さんで、ミニブーケを買った。 1,000円ちょっと、自宅用なので、そっけないクラフト紙にさっと巻いてもらう。

小樽運河クルーズは、夜景に心ふるえる夢の40分だった

夕方から夜になるときの空の色って、いちばんロマンチックだ。 小樽運河で、夜に向かって刻一刻と色を変える、夢みたいな景色に出会ってしまった。40分間、一秒ずつだって違う表情を見せる空と水の色に、心がふるえるあの感じ!

疲れた日はリスを見に行こう!吉祥寺の動物園「リスの小径」訪問記

「あ〜なんか疲れが溜まってきたな…」 お酒を浴びるように飲んでも10時間以上眠っても面白いテレビ番組を見ても高い洋服を買ってみても、なんだかすっきりしない。

憧れのフランス雑貨店ドゥー・ディマンシュのカラフルな世界に感激した

去年の夏、またひとつ夢を叶えてしまった。 ツイッターで見つけて、いつか訪問したいと思っていた青山の雑貨屋さん「ドゥー・ディマンシュ」に、とうとう行ってしまったのである!

外もおうちも楽しい夏!清澄白河Cafe michis とおうちカフェ日記

夏は楽しい。光がいっぱいに注いで、外を歩いても家にいても、とにかくワクワクしてしまう。 清澄白河お散歩と、今日の家カフェ日記である。

早朝の電車に乗って、7月の腰越海岸へ海水浴に行った話

去年の7月、早朝から海水浴にでかけた。 早朝も早朝、まだ薄暗い5時過ぎ、始発の次の電車に乗って湘南は腰越海岸へとでかけたのだ。

「明け方に、好きな人と川沿いの道を散歩したい」という憧れについて

7月の早朝4時すぎの空の色。 眠れなかった夜、窓から一枚撮ってみた。